α6000+SEL35F18 レビュー(ファーストインプレッション)

α6000の特徴

おすすめ旅カメラ1位

おすすめパパママカメラ1位

として記事にしています。

 

1,大型センサーであるAPSCセンサー

一眼レフやミラーレスカメラに搭載されている、最も標準的なCMOSセンサーサイズです。

センサーサイズの比較(アンタレスのデジカメ部屋さん)

 

2,第二世代24MPセンサー

α6300や6500のセンサーは同じ24MPでもフルモデルチェンジされた第三世代の24MPCMOSセンサーです。

24MPセンサーには2011年モデルと2014年モデル、2016年モデルがあり、α6000は2014年モデルのセンサーです。

今年発売されたカメラ(FUJIFILM X-E3)にも2014年モデルが採用されたりしています。

2016年モデルよりも高感度ノイズ(暗所ノイズ)やダイナミックレンジなど画質面は少し劣りますが、そのかわり安く買えます。古いですが、大型センサーなので、十分な画質です。

 

 

3,ファインダー付きAPSCカメラでは最軽量(多分)

他の機種しっかり調べていませんが、他機種のファインダー無しカメラとほぼおなじ重さです。ファインダー有りでは最軽量だと思います。

本体のみで285G,バッテリーなど込で344gとなっています。

 

4,4Dフォーカスと言われる高速で優れた追従AF

カタログにある、AF速度0.06秒や、0.05秒というのはあまり参考になりません。

α6000は0.06秒と書いてあります。

カタログにある、0.06秒は止まっているものへのAF速度で、止まっているものAF速度の違いなんて誤差のようなものです。

オートフォーカスで大事なのは追従性能(動いているものを追いかける性能)と精度だと思います。

これはカタログでは表せません。

ニコンD7200やCanon70Dを超える動体追従性能だという話を聞いていましたが、使ってみたところ確かにすごいと思いました。

詳細レビューは別項目で書きます。

 

5,初心者から上級者まで誰にでもおすすめできる万能カメラ

初心者には万能カメラとしておすすめできます。

上級者にも、軽量小型サブカメラとしておすすめ出来ます。

誰が使っても、不満の無いカメラではないかと思います。

10万円以下ではこれを超えるカメラはありません(2017年9月現在)。

 

なぜ今さら購入したのか

発売されて、3年経つカメラです。

この価格帯のカメラは1〜2年でモデルチェンジすることが多いのですが、この機種はモデルチェンジではなく、さらに上位機種として追加で発売されています。それがα6300と6500です。

何代目とかという親子関係でなく、兄弟関係と言える関係になります。

α6000はSONY、APSC,Eマウントカメラという位置づけになります。

同じEマウント(マウントといのはレンズが使いまわせるという意味です)でもFEカメラがあり、FEカメラは現在でも使用していますが、

APSCEマウントカメラは2012年に一度全て手放しました。5年ぶりにAPSCEマウントカメラを購入しました。

理由は

安い、軽い、高画質

これに尽きます。

安い

Wズームキットを72000円で購入し、キャッシュバックが1万円、レンズを二本ともオークションで売却(3万円)し、実質32000円で購入したことになります。

軽い

(レンズを売ってしまうとカメラは使えません。)追加でSEL35F18を購入しました。

SEL35F18は約150gと、とても小さく軽いレンズです。

このレンズ専用で使う予定です。重さレンズ込み500g。

高画質

ISOは3200まで使えます。

24MPと高画素です。

画質面も素晴らしい性能です。

 

撮影サンプル

 

 

AF追従性能(動体AF性能)

連写HIだと秒間11連写です。

今回はMIDってとっています。

 

画像見にくいかもしれませんが、換算50mmでF1.8できっちりジャスピンで追従しています。

 

感想

普段は7RⅡと99Ⅱを使用し、ポケットカメラとしてG9Xmk2を持っていますが、G9Xmk2には画質でちょっと物足りなさを感じていました。

自分の場合はサブカメラとしての購入ですが、十分なメインカメラとしての性能を持ち合わせているカメラだと実際使用して思いました。

 

入門用メインカメラとして

動体追従性能もよく、高感度も強いので、激しく動くお子さんを撮るのに最適です。また、付属の望遠レンズで運動会も楽々とれます。パパママカメラとしても優秀だと思います。

小さく、そして高画素なので、旅カメラとしても優秀だと思います。

10万円以下だと他に選択肢は無いと思います。

それほどいいカメラです。

 

上級者のサブカメラとして

ファインダー付きで、この軽さ、この画質です。

上級者の方が、気軽に持ち出すのに最適ではないでしょうか。

 

総評

万能カメラとして全ての人におすすめできるカメラだと思います。

 

 

 

おすすめ旅カメラ1位

おすすめパパママカメラ1位

として記事にしています。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。