α7iii徹底比較(α7ii、α7riii、α9)

α7III徹底比較(カタログスペック)

 

icon
iconicon

α7m3、α7m2、α7R3、α9比較

α7m3 α7m2 α7R3 α9
充電器 付属しません 付属 付属
センサー、エンジン 24mp裏面照射センサー

2017年BIONZX

2016年フロントエンドLSI

24mpセンサー(アルミ配線)

2013BIONZX

2012フロントエンドLSI

42mp裏面照射センサー(銅配線)

2017BIONZX

2016フロントエンドLSI

24mp裏面照射Sメモリー積層センサー(銅配線)

2013BIONZX

2016フロントエンドLSI

外形寸法 126.9×95.6×62.7 126.9×95.7×59.7 126.9×95.6×62.7 126.9×95.6×63.0
本体のみ重量 約565g 約556g 約572g 約588g
ファインダー 約236万画素

ファインダー倍率0.78倍

約236万ドット

ファインダー倍率約0.71倍

約370万ドット

ファインダー倍率0.78倍

約370万ドット

ファインダー倍率0.78倍

液晶モニター 92万ドット

チルト

122万ドット

チルト

144万ドット

チルト

144万ドット

チルト

タッチパネル X
マルチセレクター(ジョイスティック) X
左肩ダイヤル X X X
LAN端子 X X X
USB-C X X
記録メディアスロット Wスロット(片方のみUHS-Ⅱ) シングルスロットUHS-1 Wスロット(片方のみUHS-Ⅱ) Wスロット(片方のみUHS-Ⅱ)
バッテリー NP-FZ100 NP-FW50 NP-FZ100 NP-FZ100

 

ソニーストア

 

撮影機能の比較

α7m3 α7m2 α7R3 α9
ファインダーブラックアウトフリー X X X
電子シャッター(サイレントシャッター)
アンチディストーションシャッター X X X
 手ブレ補正  5軸5段 5軸4.5 5軸5.5段  5軸5段
ピクセルシフトマルチ撮影  ? X  X
 AF測距点(位相差) 693点 117点 399点 693点
 AF測距点(コントラスト) 425点 25点 425点  25点
瞳AF
Eマウントレンズ以外での瞳AF X
検出輝度範囲 EV-3-20 EV-3-20
フォーカスエリア登録機能  ? X  ○
縦横フォーカスエリア切り換え X
フリッカーレス撮影  X○ X
連写性能 Hi+時:最高約10コマ/秒 Hi時:最高約5コマ/秒
Lo時:最高約2.5コマ/秒
Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

電子シャッター時:
Hi:最高約20コマ/秒Mid:最高約10コマ/秒Lo:最高約5コマ/秒
連続撮影可能 枚数(圧縮RAW/12ビット記録) 非圧縮RAWで40枚 RAW+JPEG 約 76 枚 RAW+JPEG:222枚
追加アプリ  X X
マルチショットノイズリダクション X X

 

icon
icon

 

まとめ

・センサー画質はDxOベンチマーク基準でα9と同じだと思います。

・バッテリー、端子はα7R3と全く同じ

・ボディ背面にマグネシウムは使われていない。

・手ブレ補正がα9と同じ?α7R3より弱い

・測距点は位相差はα9と同じ、コントラストAFはα7R3と同じ。AF速度精度はα7Ⅱの二倍とあるので、α7R3と同等かそれ以下、α9よりも大きく劣ると考えられます。

触った人の評判を見ているとα7r3より上ではないかということです。

・EVFはおそらくα7R2およびα99Ⅱと同じものではないでしょうか。

・背面液晶はかなりスペックダウンしています(α6000のもの?)。

・メニューの表記や使い勝手はα7R3と同じようです・

 

 

感想

「ビグザムが量産のあかつきには、連邦なぞあっというまに叩いてみせるわ」

というドズルの言葉を思い出しました。

自分の印象は量産型ビグザムです。出し惜しみなしのかなりの破壊力です。

α7Ⅱの後継機というよりα9の廉価版という位置づけに感じます。

何よりもセンサーが裏面照射になったことに一番びっくりしました。

 

ソニーストアでクーポンとキャンペーンのdポイントを考慮すれば16万円相当で手に入るとかなりお買い得なカメラではないかなと思います。

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。