α7RⅡカスタマイズ、SONYグリップエクステンションのカスタム

PeakDesignキャプチャープレート

 

去年からカメラにはPeakDesignのキャプチャープレートをとりつけて運用していました。

キャプチャープレートはPeakDesignのストラップやキャプチャーと連携するためのアダプターですが、arca-swiss規格でもあるので、三脚を使うときにもとても便利です。

PeakDsign公式サイト

 

これまで使っていた、グリップアダプター

α7RⅡは大きなレンズをつけるとグリップのホールド力が弱いので、サードパーティー製のグリップアダプターを使っていました。

このグリップはサイドの部分を外してつかっていました。これもarca-swiss対応で使い安かったのです、また、バッテリーに直接アクセスできるのでなかなか便利です。

ただ金属製は重いです。

 

その後木製のグリップアダプターを使っていて、木製グリップアダプターの三脚穴にPeakDesignのキャプチャープレートをとりつけていました。

 

GP-X1EM

今年4月純正グリップアダプターGP-X1EMが発売されました。

α7Ⅱ、α7RⅡ、α7SⅡ、α9対応です。

しかし、これは三脚穴が無いという、自分にとって、致命的な欠点があり使っていなかったのですが、ネジを交換するとPeakDesignのキャプチャープレートを取り付けられて、arca swiss互換のため簡単に三脚にとりつけられるようになります。

純正だけあって、握り心地は今まで使ったグリップアダプターの中で一番良いです。

カスタマイズの方法

まず純正グリップのネジを外さなければいけません。Eリングというネジが刺さっています。

外すには精密ドライバーのマイナスが必要です。

「Eリング 外し方」で検索して調べていただければと思います。

かなりごりごり力で外そうと10分15分格闘しましたが、知恵の輪と同じで外れる時は力はいりません、コツが大事です、クイクイッとするとさくっと外れます。

取り付けにはこのネジが必要です。

Eリングを取り外して、上記ネジをPeakDsignキャプチャープレートとグリップアダプターに取り付けます。

 

このような状態になります。

ネジを少し半分緩めて、グリップを装着したままバッテリー交換ができます。

SONY ILCE-6000 (35mm, f/4, 1/60 sec, ISO2000)

 

左はα99Ⅱです。キャプチャープレートをつけることで、グリップ単体よりも、自立性があがります。またグリップをつけるとα99Ⅱよりもグリップが縦に長くなります。

 

 

おすすめカメラアクセサリーのページもご覧ください。

 

 

GoPhoto.work(金沢市)出張カメラマン、出張撮影、写真の仕事のページ

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。