α7RⅢ、5DmarkⅣ、D850、α99 Ⅱ 徹底比較(カタログスペック)

 

α7R Ⅲ、5DmarkⅣ、D850、α99 Ⅱ 徹底比較(カタログスペック)各社フルサイズエースカメラ比較

 

2016年5Dmk4の登場から1年、α7RⅢの登場で各社エースクラスのフルサイズカメラが出揃いました。

比較をしてみたいと思います。

 

ボディの比較

α7RⅢ α99Ⅱ D850 5DⅣ
発売日 2017年11月25日 2017年10月25日 2017年9月8日 2016年9月8日
発売時価格 37万円(デジカメWatch予想価格) 399,800円 399,600円 約42万円
サイズ 126.9×95.6×62.7mm 142.6×104.2×76.1mm 146×124×78.5mm 150.7×116.4×75.9mm
重量(電池、カード込) 約625g 約849g 約1005g 約890g
バッテリー 2,280mAh 1,600mAh 1,900mAh 1,865mAh
ファインダー 370万ドット、0.78倍 240万ドット、0.78倍 約0.75倍 約0.71倍
背面液晶 約144万 約122万 約236万ドット 約162万ドット
可動液晶 上下チルト 三軸チルト(バリアングル) 上下チルト 無し
センサー 42mp裏面照射 42mp裏面照射 45mp裏面照射 30mpDP
記録メディア SDx2(UHS‐Ⅱ×Ⅰ) SD×2(UHS-1のみ) SD(UHS‐2)x1、XQD×1 CF×1、SD(UHS- 1)×1
ボディ内手ブレ補正 5軸5.5段 5軸5段 無し 無し

 

・7R3と99m2、D850と5D4発売日の月日がかぶっていることに気づきました。

・バッテリー容量はα7R Ⅲが一番大きいことは意外でした。EVFの消費電力はかなりおおきいようです。

・液晶はSONYは一番画面が荒いようです。

・α99Ⅱを使っている理由の一つが三軸チルト液晶です。ただのバリアングルでなく、立体的にダイナミックに可動する液晶です。三脚撮影の時にとても重宝しています。

・記録メディアは今過渡期でしょうか、三社三様の記録メディアを採用しています。

 

 

撮影機能の比較

α7R3 α99Ⅱ D850 5DmkⅣ

サイレントシャッター

○(ミラーアップ時) X

アンチディストーションシャッター

X X X X

連続撮影速度

Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

Hi+時:最高約12コマ/秒

Hi時:最高約8コマ/秒

Mid時:最高約6コマ/秒

Lo時:最高約4コマ/秒

最高約7コマ/秒

MB-D18(別売)使用で約9コマ/秒

高速連続撮影:最高約7.0コマ/秒

低速連続撮影:最高約3.0コマ/秒

ソフト連続撮影:最高約3.0コマ/秒

 

連続撮影可能 枚数(圧縮RAW/12ビット記録)

RAW+JPEG 約 76 枚

RAW 54枚、RAW+JPEG 54枚 RAW200枚 RAW+JPEGラージ/ファイン:約16枚

(RAWbit数不明)

連写合成写真の生成

160MP画像

HDR画像

HDR画像 HDR画像 HDR画像

他マウントレンズでのAF

X X X
瞳AF

X

X
像面位相差AF

X

 4k動画

4K:3840×216030p

HDR

4K(QFHD:3840×2160)30p

4KUHD(3840×2160)30p

DCI4K(4096×2160)30P
オートISO

ISO100~12800

ISO100-6400 ISO 64~25600? ISO100~12800
DxO ISOスコア ISO3434(7R2) ISO2317 ISO2660 ISO2995

リンクDxO ISOスコア

・連写性能は5D4がダントツで悪いようです、そのかわり4K動画が少しいいのでしょうか。

・AFの性能はカタログの数字を見ても参考にならないので省いてあります。

・フルサイズエースクラスカメラは万能型カメラの印象でしたが、現在のトレンドは高画素、高速AF、高速連写でしょうか。かなり高いレベルでの万能型に変移していってるようです。

ソニーストア

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。