カメラ備忘録4、NEX‐7 レビュー

NEX-7

NEX-7はEマント待望の中級機として発売されました。

トライダイヤルナビ

240万ドットファインダー

APSC最大の24MPセンサー

が大きな注目を集めていたのではないでしょうか。

トライダイヤルナビは期待していた人も多く、とくダネ!で小倉さんが操作性に注目しているとコメントをされていた覚えがあります。

重さも意外と軽く295gだったんですね。

発売日は2011年10月27日でとても楽しみにしていたんですが、タイの洪水によりSONYのカメラ工場が大きく被害を受けたようで、2012年1月27日に延期になりました。

 

 

作例

パートカラーレッド

レトロ調レッドだったと思います。

 

感想

現在α6000シリーズが後継機のような感じになっていますが、

トライダイヤルナビはこの一機種にしか採用されていません。

Eマウントは背面にホイールダイヤルがあります。

正当な後継機がもしも出るなら前面グリップにもダイヤルはつけて、ダイヤル4を期待したいところです。

現在α6000を所有していますが、NEX-7が懐かしくなります。

中古価格が2〜3万円なので動き物を撮らない、風景や静物のみの方にはおすすめできるカメラです。

自分ももう一度欲しくなりました。

もしかしたらそのうち買っているかもしれません・・・そうなるとSEL24F18も欲しくなりそうなので、困ったものです。

 

α6000レビュー

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。