カメラ用メモリーカードの選び方と、おすすめメモリーカード

カメラ用SDカードの選び方

現在カメラ用記録メディアは

CFASTカード

XQDカード

SDカード

が使われています。

記録メディアに関しては2017年現在過渡期ではないかなと思います。

今後数年で大きく変わるような気がしています。

SDカードはどのカメラも対応しているので、SDカードについて書きたいと思います。

 

カメラの仕様書を見る

見ないといけないポイント

SDXCとSDHC

対応GB

対応スピードクラス

以上三点です。

上2つはあまり気にする必要ありませんが、一応確認してください。

対応スピードクラスはカメラによって大きく違ってくるので、特に注意してください。

またPCのカードリーダーの対応状況も確認しておきましょう。

 

SDカードのスピードクラスの種類

SDXCとSDHCとSDがあります。

古いカメラだと関係ありますが、あまり気にする必要がないと思います。

UHS‐Ⅰ UHS‐Ⅱ UHS-3 高速転送規格の名称(最高速度をあらわす目安)
↑↓は比例しない UHS-Ⅰ、U1や UHS‐1、U3  の組み合わせもある
UHSスピードクラス1(U1) UHSスピードクラス3(U3) 最低保証速度 U1:最低10MB/秒保証
U2:最低30MB/秒保証

 

UHSもスピードクラスも数字が大きい方が高速ですが、比例しません、

UHS-Ⅰ、U1やUHS‐1、U3 の組み合わせもあるので注意してくだささい

UHS‐Ⅰまでの対応のカメラでUHS‐ⅡのSDカードは使えますが、速度がUHS‐Ⅰ対応カードよりも遅くなる場合があります。

なのでしっかり仕様書を確認して、対応するSDカードを使いましょう。

 

SDカード購入前にわすれてはいけないチェック項目

SDカード表面に大きな数字で90MB/sと書いてあるのは読み出し速度です。具体的にはSDカードからPCへの転送です。

カメラ用途大事なのは書き込み速度(wright)です。撮影中のSDカードの保存速度を表しています。

読み出し速度が90MB/s、書き込み速度が30MB/sとなっていたり、読み出しと書き込み速度が大きくかけ離れている場合が多いので注意が必要です。

しっかり商品詳細情報をみましょう。以下のように書いてあるはずです。

read=R=○MB/s

wright=w=○MB/s

 

SDカードメーカーについて

SDカードは信頼性が最も大事です。

せっかく撮影したのに、家に帰るまでにデータが飛ぶということがよくあるそうです(自分は未経験)。

カードの信頼性は使用を見ても分かりません。メーカーの名前で選ぶしかありません。

Sandisk、東芝、Lexarm、Transcendが四大メーカーだと思います。

特に信頼性が高いメーカーがSandiskだと言われています。

 

Sandisk、東芝

Sandiskと東芝は提携企業で共同出資の三重県四日市の工場で作っています。

基本的に中身は同じだと考えていいと思います。

Sandisk、東芝は世界で信頼性の高いメモリーカードメーカーです。

東芝は半導体部門を売却するようなので、今後はSandisk一択になるかもしれません。

Sandiskは偽物が多く出回っているようです。信頼のできるお店買うことが大切です。特にAmazonで購入する場合は出品者情報をみましょう。

 

Lexar

米マイクロンというアメリカの大手半導体メーカーの記録メディアブランドがLexarでした。LexarはSandiskと同じくらい信頼性の評判は高かったですが、、2017年9月中国Longsysに売却したそうです。

なので、現在の製品は購入してもいいと思いますが、これからの製品は不透明です。

数少ないXQDカードメーカーだったので残念です(XQDの現行モデルの製造は継続)。

Transcend

安価なSDカードを販売しています。

自分もカメラはじめたころは使っていました。当時はサンディスクの32GBCFが2万円以上、Transcendは1万程度といった価格でした。

自分はトラブルが起こったことがありませんが、信頼性はサンディスクよりかなり劣るようです。

その他のメーカー

Panasonicやソニーは価格が高いのできっとサンディスク、東芝、LexarあたりのOEMではないかと思います。

それ以外のメーカーのものは購入候補からはずしたほうがいいと思います。

 

まとめ

メモリーカードは大事な写真の一時保管場所なので、信頼性の高いメーカーのものを選ぶべきです。

信頼性の高いメーカーのものは国内正規品でなく、並行輸入品だと安く買えます。自分はほとんど並行輸入品をつかっています。

並行輸入品の場合特にSanDiskは偽物が多いそうなので、お店の信頼性も大事になってきます。

 

おすすめカード

 

 

 

転送速度の速度の比較してみました。

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。