称名滝(富山県)紅葉情報‐2016年10月24日

称名滝まで

家を9時半頃出たと思います。

この日は立山弥陀ヶ原に行く予定でした、なので立山駅を目指しました。

ETCを当時持っていなかったので、北陸道富山インターから向かいました。

富山インターから立山駅までは、国道のような広い道を通るわけでなく、片側一車線の道を何度も曲がりながら向かったので、ナビがあったほうがいいと思います。

インターから小一時間かかったでしょうか。平日ですが立山駅到着すると駐車場が満車状態でした。

天候が悪そうだったので、とりあえずカレーを食べて行き先を称名滝に変更しました。

称名滝駐車場

1時半頃到着したと思います。

称名滝駐車場は第6駐車場とかありそうなくらいに広い駐車場でしたが、ここも満車状態でした。

土日はどれだけ混んでいるか想像できません。

駐車場から称名滝へ

ILCE-7RM2 (24mm, f/4.5, 1/80 sec, ISO100)

駐車場もトイレから5分ほど歩いたところからの撮影だったと思います。

この写真の一番奥まで歩きます。

駐車場が遠い場所になればなるほど、歩く距離がのびます。

広く舗装された道を20分ほど歩きます。アップダウンと言うほどでもありませんが、緩やかなアップダウンがあります。

称名滝展望台

ILCE-7RM2 (21mm, f/11, 1/2 sec, ISO50)

有名な滝ほど写真に撮るのは難しいです。

ホワイトロードのふくべの大滝もそうですが、滝のスケール感を表現するのは難しいなと思います。

称名滝は日本一の落差350mを誇る滝です。

そのサイズ感出ていません。

写真では表現できていませんが、一度訪れる価値はあると思います。

ILCE-7RM2 (90mm, f/4, 1/100 sec, ISO100)
ILCE-7RM2 (90mm, f/4, 1/125 sec, ISO100)

 

称名滝の川の水

ILCE-7RM2 (24mm, f/4.5, 1/80 sec, ISO100)
ILCE-7RM2 (24mm, f/4, 1/80 sec, ISO100)

エメラルドグリーンというか翡翠色というかきれいな色の川です。

変な画像調整したんじゃないかといわれるほど、きれいな水の色をしています。

滝だけじゃなく川にも注目していただきたいです。

 

この日の写真

ILCE-7RM2 (90mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO400)
ILCE-7RM2 (90mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO320)
ILCE-7RM2 (90mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO400)
ILCE-7RM2 (90mm, f/2.8, 1/160 sec, ISO100)

 

拡大写真はこちらから

 

感想

お目当ての滝に関しては、敗北感があります。

紅葉は見頃の一番いい時期に行けたと思うので、天気が悪かったのは残念ですが、楽しい一日を過ごせました、

北陸近辺のかたは是非称名滝お立ち寄り頂きたいと思います。

 

ベストショット

ILCE-7RM2 (90mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO320)
ILCE-7RM2 (90mm, f/7.1, 1/100 sec, ISO320)

拡大写真はこちらから

 

 

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。