旅行用コンパクトレンズ決定戦(SONY FEレンズ)2018春

旅行用のレンズ選び

家族旅行など、一人ではない旅行だと、自分のペースで撮るわけにいきません。一人だと重めの装備で、のんびり歩けばいいのですが、家族だとそんなわけにいかないので、

適正なレンズは1〜3本程度ではないかと思います。3本ならなるべく軽めばかり、一本なら少し重めでもいいと思います。

今まで旅行のカメラ選びは欲張り過ぎたり、割り切りすぎ(RX100のみなど)たりで結構失敗しているので、きっちり比較して決めようと思います。

今回は7R3を持っていくことに決めました。問題はレンズです。

 

 

ズームレンズの部

 

sel2870 sel2470z sel24105G sel2470GM sel24240
最大径x長さ 72.5 x 83 73 x 94.5 83.4 x 113.3 87.6 x 136 80.5 x 118.5
重量 295 426 663 886 780
フィルター径 55 67 77 82 72
最大撮影倍率 0.19 0.20 0.31 0.24 0.27
最短撮影距離 0.3-0.45 0.4 0.38 0.38 0.5m-0.8m
レンズ内手ぶれ補正 X
レンズ構成 8群9枚 10群12枚 14群17枚 13群18枚 12群17枚
絞り羽根 7 7 9 9 7
特殊ガラス 非球面3、ED1 非球面5、ED1 AA2、非球面2、ED3 XA1,非球面2、SED1ED1 非球面5、ED1
コーティング T*コーティング ナノAR、フッ素コーティング ナノAR
DDSSM DDSSM
防塵・防滴
DxOSHARP 25 25 28 15

 

 

広角ズームレンズの部

 

1635gm 1635z SEL1224G
最大径x長さ 88.5 x 121.6 78 x 98.5 87 x 117.4
重さ 680 518 565
最大撮影倍率 0.19 0.19 0.14
最短撮影距離 0.28 0.28 0.28
絞り羽根 11 7 7
フィルター径 82 72 (装着不可)
レンズ構成 13群16枚 10群12枚 13群17枚
特殊レンズ XA2,非球面3,ED2 AA1,非球面4,ED3 非球面4,ED3,SED1
コーティング ナノAR T* ナノAR

 

 

単焦点レンズの部

 

SEL28F2 SEL35F28Z SEL50F18F SEL50M28 SEL55F18Z SEL85F18
最大径x長さ 64×60 mm 61.5×36.5 68.6×59.5 70.8×71 64.4×70.5 78×82
重さ 200 g 120 g 186 g 236 g 281 g 371 g
最大撮影倍率 0.16 倍 0.12 倍 0.14 倍 1 倍 0.14 倍 0.13 倍
最短撮影距離 0.25 m 0.35 m 0.45 m 0.16 m 0.5 m 0.8 m
フィルター径 49 49 49 55 49 67
絞り羽根 9 枚 7 枚 7 枚 7 枚 9 枚 9 枚
レンズ構成 8群9枚 5群7枚 5群6枚 7群8枚 5群7枚 8群9枚
特殊レンズ
コーティング T* T*

 

 

サードパーティーの部

 

samyang zeissBATIS tokinaFIRIN zeissBATIS samyang zeissBATIS
AF14F2.8 18F2.8 20mmF2 25mmF2 AF35F2.8 85mmF1.8
最大径x長さ 85.5×97.5 100×80 69×81.5 78×78 61.8×33 78×92
重さ 505 g 330g 490 g 335 g 85.6 g 475 g
最大撮影倍率 0.12 倍 0.1倍 0.08倍 0.19倍 0.12 倍 0.12倍
最短撮影距離 0.2 m 0.25m 0.28 m 0.2 m 0.35 m 0.8 m
フィルター径 77 62 mm 67 mm 49mm 67 mm
絞り羽根 7 枚 9 枚 7 枚
レンズ構成 10群14枚 10群11枚 11群13枚 8群10枚 6群7枚 8群11枚

 

 

まとめ

ズーム

キットレンズの2870の軽さは魅力的ですね。

自分の場合24mm使いたいので、2470Zの426gも非常に魅力的に思います。中古で7万円前後となると出番の多さを考えると厳しいところです。

24105Gは663gとなると家族旅行ではちょっと大きい気がします。

単焦点

こうやって見ると軽いレンズが結構多いですね。

一番目についたのはBATIS25mmF2です。こんなに軽いレンズだということは知りませんでした。

次に目についたのはSEL28F2です。純正の中では一番最大撮影倍率が高く、重さも200gです。このレンズの一番の特徴はコンバーターレンズをつけれることで、フィッシュアイを使えるのは旅行では重宝しそうです。

サムヤン35mmF2.8は純正より軽く、純正よりも安いというのは気になるところです。

前から気になっているのは50マクロです。テーブルフォト(料理)で使うには50mmはやはり厳しそうです。

 

明後日持っていくレンズ

今すぐにレンズ追加できないので、手持ちのレンズから選びました。

1,α7R3グリップエクステンション、SEL55F18Z=実測1050g

2,α6000、SEL24F18Z=実測630g

(迷い中)1635GM

1635GMは迷っています、割り切ろうか欲張ろうか、旅行なので、割り切った方がいいかなとおもいながら、欲張りたい気持ちがムラムラと・・・

伏兵のα6000です。基本カバンの中にいれておくことになります。カメラ340g,レンズ225g、最大撮影倍率0.25倍。テーブルフォトをしやすいのと、換算約36mmの画角は使いやすいので、もっていくことにしました。

 

BATIS25と2470Z、SEL28F2はかなり欲しくなりました。今年135mmが出ると噂されていて、それを狙っていますが、出なかった場合はどれか買ってしまっているかもしれません。

バッグはピークデザインのトートバッグにする予定です。

 

 

【追記】家族旅行の結果

行程にもよりますが、家族旅行でフルサイズはやめたほうがいいという結論になりました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。