Power Shot G9 X mark Ⅱ 長期使用レビュー G9Xmk2

Canon G9 X markⅡ 長期使用レビュー

RX100m3から転々として現在G9 X markⅡを使用している理由

RX100M3を売却した理由

一番は初代RX100に対して50g重くなったことです。20%重くなったことはやはり体感としてかなり重く感じます。携帯性に不満があったということです。

また、沈胴式レンズの宿命ですが、起動時間も不満を感じていました。

 

1、サブカメラとして常時携帯できるカメラが欲しかった

現在α7RⅡ、99Ⅱとフルサイズ2台でWメイン機で

2、1インチセンサー搭載が条件

RX100もそうですが、m4/3に迫るセンサーサイズである、1インチセンサーであることが必須条件でした。

3、起動時間の速さ

常に携帯できるカメラが欲しかったので、用途は日常スナップになります。なので速写性が自分にとっては大事な事柄でした。速写性=取り出しやすさと起動時間です。

1インチセンサーで最速の起動時間(1.1秒)を誇ります。実機を試写した時に一瞬でその起動時間の速さを体感しました。

 

4,大きさ,軽さ

携帯製とさきほどの取り出しやすさの問題になります。

RX100はポケットに入りそうで、自分にとってはぎりぎり入らないサイズでした。入ってもずっしり重さを感じます。収まりが悪い感じです。

G9 X mk2はポケットに楽に入ることが多いです。(服によって入らないこともあります。)

カバンでなくポケットに入れると取り出しやすく(速写性)、また撮影機会も自然と増えます。

5,DIGIC7

G5 Xを使用していたこともあったのですが、G5 XはG9 Xmk2と違ってDIGC6でした。そして、RAW+JPEGで撮影した時のJPEG画像がカラープロファイルや、ダイナミックレンジコントロール機能が反映されない仕様でした。これに大きく不満を持っていて、先にDIGIC7を搭載して発売されたG7 Xmk2はそのことが改善されていたようなので、DIGIC7を搭載が必須条件でした。

 

作例

 

 

 

 

 

 

 

使用感

デザイン、サイズ、重さ

シルバーを購入しました。気にいってます。

RX100は実際の重量以上にずっしり感じたのですが、G9 Xmk2は中身詰まってるの?とおもうくらい軽いです。重心のバランスなどがいいのでしょうか?

リストストラップを使用して運用しています。

画質

RX100の方が好みの雰囲気の写真が撮れていたように感じます。

基本的にSONYばかりつかっていて、Canonに慣れていないからかもしれません。

G9 Xmk2に関しては画質よりも携帯性速写性重視で選んだので、気にしていません。

マイナス評価

G7 Xはもしかしたできるかもしれませんが、RX100は内蔵ストロボを親指で角度を変えて簡易バウンス撮影ができました。これだけで撮影の幅が非常に広がるので、この点は残念です。

 

総評

IQOSと一緒にバッグにいれて毎日持ち歩いています。またポケットに入れることもあります。

とにかく持ち歩く事が苦になりません。

現時点で販売されている、最高のサブカメラ、ポケットカメラではないかと思います。

RX100にしてもそうですが、フルサイズカメラやAPSCカメラと比べると大きく画質は劣ると思います。

メインカメラとして使用を検討されている方はミラーレス一眼なども視野にいれて検討されたほうがいいのではないかと思います。

G9 X mk2に関しては携帯性速写性が一番の魅力のカメラではないかと思います。

 

 

 

 

GoPhoto.work(金沢市)出張カメラマン、出張撮影、写真の仕事のページ

 

 

追加作例

スポンサードリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。