SEL35F28Z、SEL35F14Z、TAMRON SP35mmF1.8比較

SEL35F14Z F1.4

 

 

タムロンSP35 F1.8

 

 

SEL35F14Z、タムロン F2比較

SEL35F14Z

タムロン

ISO100、F2、SS1/10です

タムロン少し暖色系SL35F14Zは寒色系でしょうか。

また周辺減光も少なく少し明るい(透過率が良い)ようです。

玉ボケはSEL35F14の方がきれいです。

右後ろのギザギザのボケもSEL35F14Zの方がすっきりしているのではないでしょうか。

 

SEL35F28Z、SEL35F14Z、タムロンSP35mmF1.8 F2.8比較

SEL35F28

SEL35F14Z

タムロン

ISO100、F2.8、SS1/5です

SEL35F28XZはボケが汚いです。開放がそんなに明るくなく、寄れないので絞って使う感じが多いレンズではないでしょうか。

SEL35F14Zはタマネギボケが目立ちます。タマネギボケは絞りを開けたほうが目立ちにくいです。

しかし、右後ろの草や左後ろのボケは見ると一番すっきりきれいです。

タムロンもタマネギボケが目立ちます。

レンズの透過率の違いが大きいのでしょうか。画像の明るさが全然違います。

 

 

SEL35F28Z、SEL35F14Z、タムロンSP35mmF1.8 F4比較

SEL35F28Z

SEL35F14Z

タムロンSP35

 

ISO100、F4、SS0.4秒

タムロンが一番ボケがざわついているのではないでしょうか。

F4になるとこのソニー35二本は似たような描写傾向にある気がします。

SE35F28Zの周辺減光は目立ちます。

 

まとめ

比較すると3レンズ違いが明確にあります。

私はレンズは優劣ではなく個性だと思っています。

SEL35F28Zは軽く小さい事が魅力のレンズです。

SAL35F14Zはボケがすっきりしたレンズです。絞ると色ノリこってりで、F値に応じて楽しめるレンズだと思っています。F4からはSEL35F28Zと似てくることもわかりました。

Eマウントレンズ全体的に冷調のレンズが多い気がしていて、自分としてはAマウントが好きです。

タムロンは少し前から思っていたのですが、ボケがやはりあまりきれいではないということがはっきりしました。でもこのレンズ結構自分は好きで、出番がおおいです。タムロンは実際は37mm前後ではないかと思います。

焦点距離やF値も

個別にレビューしていきたいと思います。

 

 

個別レビュー

 

TAMRON SP35mmF1.8

SEL35F14Z

 

 

 

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です