SEL85F14GM レビュー(planarとの比較有り)

FE 85mm F1.4 GMレビュー

スペック

ソニーストア
最大径x長さ 89.5 x 107.5
質量 820g
レンズ構成 8群11枚
フィルター径 77
最大撮影倍率 0.12
最短撮影距離 AF 0.85, MF 0.8
特殊レンズ XAレンズx1、ED3枚
ARナノコート
手ブレ補正 X

 

SEL85F14GM購入

SEL85GMを購入しました。

各社85mmはポートレートレンズとして力が入っていますが、

ミノルタといえば85mmというほど、Aマウントにとっては特別なレンズです。

ミノルタの85mmf1.4G、85mmF1.4GLimited、SONYの85mmF1.4ZA(Planar)、さらに85mmF2.8まであります。

いずれも銘玉として、愛されてきたレンズです。

そしてGMasterレンズの最初のレンズとして、SEL2470GMとともに発表されました。

新しいレンズブランドの最初のレンズとして発売することは、やはり85mmはαのお家芸だという自負があるのではないでしょうか。

 

購入の動機

SAL85F14Zは一番のお気に入りレンズで、このレンズは一生使おうと思っていました。

しかし、ボディが高機能化し、高画素は問題ないのですが、高速AFには対応しきれていないと感じるようになっていました。

そう思っていた時にα7R3が発売され、α99Ⅱよりさらに一段上の瞳AFが搭載され、そこに対応できるレンズを揃えて行くときがきたなと思い購入に至りました。

光学的にはSAL85F14Zは今でも不満はありません、というか先に今回の記事の答えになってしまいますが、SAL85F14Zの方が上ではないかなと思ってします。

icon

作例1

 

F1.4

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/8, 1/100 sec, ISO1250)

F1.8

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/1600 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/1000 sec, ISO100)

 

作例2

planar

SONY DSLR-A900 (85mm, f/1.4, 1/30 sec, ISO800)

中央付近からラグビーボケが出ます(レモンボケ)

これがplanarの光学上の唯一の欠点ではないかと思います。

 

玉ボケ1

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/100 sec, ISO500)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.6, 1/100 sec, ISO640)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO800)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2, 1/100 sec, ISO1000)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2.2, 1/100 sec, ISO1250)

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/100 sec, ISO500)

 

開放の角は厳しそうですが、かなりきれいなほうではないでしょうか。

タマネギボケもよーく見ると多少あるように思います。

70MPくらいになって等倍で見るともしかたら気になるようになってくるかもしれません。

 

玉ボケ2

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/8000 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.6, 1/8000 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.8, 1/6400 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2, 1/4000 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2.2, 1/3200 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2.5, 1/2500 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/3.2, 1/1250 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/3.5, 1/1000 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/4, 1/800 sec, ISO100)

 

気になるところ

開放の四隅が気になります。

そこまで大きなぐるぐるボケではないですが、ぐるぐるボケの傾向があるのではないでしょうか。

 

玉ボケ1のF1.4の左下

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.6, 1/100 sec, ISO640)

 

玉ボケ2のF1.4の右上

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.8, 1/6400 sec, ISO100)

 

上記作例1の一番最後の画像

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/1000 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.4, 1/2500 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/2.2, 1/800 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.6, 1/100 sec, ISO2000)

 

SONY ILCE-7RM3 (85mm, f/1.6, 1/100 sec, ISO2000)

 

 

 

 

 

感想

まだ購入したばかりということと、

「7R3とLightroom」の現像の勝手が「7R2とlightroo」の勝手と(色の出方)が違うので苦戦していて、

感想らしい感想は書けません。

実は一本目が初期不良品で二本目が手元にあります・

 

気になるところ

・上に挙げた四隅の描写、ぐるぐるボケは自分の嫌いな方向性です。

個体差なら、SONYと交渉次第になるので、個体差だといいなと思っていますが、二本ともその傾向があります。

 

・もう一つ気になることはAFです。

AF駆動音が大きくそのせいで余計に遅く感じるのかもしれませんが、AFは遅いです。

さすがに85planarよりは速いですが、AF速度の改善目的で購入したので、そこは不満です。

 

まとめ

購入したばかりの時は悪いものばかりが目につきます。

色んなレビュー記事を見てきましたが、悪いレビューを見たことがありません。

また、SAL85F14ZPlanarのボケ味を超えるという公式にて開発コンセプトが語られていたので、SAL85F14Zの正常進化モデルを想像していました。

そういうこともあり、期待値も高かったので、なおさら悪いところに目がいっています。

SAL85F14ZPlanarのEマウント版ではなく、全く別の個性のレンズであると認識しなおして使っていこうと思っています。

まだ購入して日が浅いので、SAL85F14Zで感じた感動ほどの感動は感じていないのですが、それはきっと日が浅いからで、

非常に評判のいいレンズなので、これからつかっていけばきっと感動することがあるのではないかなと期待しています。

 

ソニーストア

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。