α7シリーズ徹底比較(α7iii、α7riii、α9)

α7III徹底比較(カタログスペック)

 

icon
iconicon

α7m3、α7m2、α7R3、α9比較

α7m3α7m2α7R3α9
充電器付属しません付属付属
センサー、エンジン24mp裏面照射センサー

2017年BIONZX

2016年フロントエンドLSI

24mpセンサー(アルミ配線)

2013BIONZX

2012フロントエンドLSI

42mp裏面照射センサー(銅配線)

2017BIONZX

2016フロントエンドLSI

24mp裏面照射Sメモリー積層センサー(銅配線)

2013BIONZX

2016フロントエンドLSI

外形寸法126.9×95.6×62.7126.9×95.7×59.7126.9×95.6×62.7126.9×95.6×63.0
本体のみ重量約565g約556g約572g約588g
ファインダー約236万画素

ファインダー倍率0.78倍

約236万ドット

ファインダー倍率約0.71倍

約370万ドット

ファインダー倍率0.78倍

約370万ドット

ファインダー倍率0.78倍

液晶モニター92万ドット

チルト

122万ドット

チルト

144万ドット

チルト

144万ドット

チルト

タッチパネルX
マルチセレクター(ジョイスティック)X
左肩ダイヤルXXX
LAN端子XXX
USB-CXX
記録メディアスロットWスロット(片方のみUHS-Ⅱ)シングルスロットUHS-1Wスロット(片方のみUHS-Ⅱ)Wスロット(片方のみUHS-Ⅱ)
バッテリーNP-FZ100NP-FW50NP-FZ100NP-FZ100

 

ソニーストア

 

撮影機能の比較

α7m3α7m2α7R3α9
ファインダーブラックアウトフリーXXX
電子シャッター(サイレントシャッター)
アンチディストーションシャッターXXX
 手ブレ補正 5軸5段5軸4.55軸5.5段 5軸5段
ピクセルシフトマルチ撮影 ?X X
 AF測距点(位相差)693点117点399点693点
 AF測距点(コントラスト) 425点25点425点 25点
瞳AF
Eマウントレンズ以外での瞳AFX
検出輝度範囲EV-3-20EV-3-20
フォーカスエリア登録機能 ?X ○
縦横フォーカスエリア切り換えX
フリッカーレス撮影 X○X
連写性能Hi+時:最高約10コマ/秒Hi時:最高約5コマ/秒
Lo時:最高約2.5コマ/秒
Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

電子シャッター時:
Hi:最高約20コマ/秒Mid:最高約10コマ/秒Lo:最高約5コマ/秒
連続撮影可能 枚数(圧縮RAW/12ビット記録)非圧縮RAWで40枚RAW+JPEG 約 76 枚RAW+JPEG:222枚
追加アプリ XX
マルチショットノイズリダクションXX

 

icon
icon

 

まとめ

・センサー画質はDxOベンチマーク基準でα9と同じだと思います。

・バッテリー、端子はα7R3と全く同じ

・ボディ背面にマグネシウムは使われていない。

・手ブレ補正がα9と同じ?α7R3より弱い

・測距点は位相差はα9と同じ、コントラストAFはα7R3と同じ。AF速度精度はα7Ⅱの二倍とあるので、α7R3と同等かそれ以下、α9よりも大きく劣ると考えられます。

触った人の評判を見ているとα7r3より上ではないかということです。

・EVFはおそらくα7R2およびα99Ⅱと同じものではないでしょうか。

・背面液晶はかなりスペックダウンしています(α6000のもの?)。

・メニューの表記や使い勝手はα7R3と同じようです・

 

 

感想

「ビグザムが量産のあかつきには、連邦なぞあっというまに叩いてみせるわ」

というドズルの言葉を思い出しました。

自分の印象は量産型ビグザムです。出し惜しみなしのかなりの破壊力です。

α7Ⅱの後継機というよりα9の廉価版という位置づけに感じます。

何よりもセンサーが裏面照射になったことに一番びっくりしました。

 

ソニーストアでdポイント25倍キャンペーン

 

http://gophoto.work/α7rⅢ%E3%80%80おすすめアクセサリー

 

α7IIIとα7RⅢ、センサー性能実写比較①高感度比較

 

http://gophoto.work/α7rⅢ、5dmarkⅣ、d850、α99Ⅱ%E3%80%80比較カタログスペック

 

 

最新情報をチェックしよう!