EOS KISS M VS α6000とX-E3 要点比較 最強のコンパクトミラーレス決定戦

比較機種KISS M α6000 X-E3

α6000は持っています。

昨年発売されたX-E3、3月23日発売予定のKISSMとても気になっています。

うっかり買ってしまいそうなので、要点を比較をしてみます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS Kiss M ボディ ブラック 《2018年3月23日発売》
価格:71440円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー α6000 ボディ シルバー 《納期約3週間》
価格:54980円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジフイルム X-E3 ボディ シルバー
価格:101250円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

 

 

基本仕様

EOS KISS M α6000 X-E3
センサーサイズ(APS-C) 22.3×14.9mm 23.5 x 15.6mm 23.5mm×15.7mm
幅x高さx奥行 116.3×88.1×58.7 120×66.9×45.1 121.3×73.9×42.7
重量(SD、電池込) 387g 約344g 約337g
ファインダー精細度 約236万ドット 約144万ドット 約236万ドット
ファインダー倍率 不明(0.54倍?) 約0.70倍 0.62倍

 

便利機能

EOS KISS M α6000 X-E3
液晶 約104万ドット

バリアングル

タッチパネル

92万ドット

上下チルト

 

約104万ドット

液晶固定

タッチパネル

Wi-FI,bluetooth wi-fiのみ
瞳AF
連写 7/秒 11/秒 8/秒
像面位相差センサー 最大143点 179点像面位相差AFセンサー 91点

 

 

まとめ

高いだけあってX-E3が一番よく見えます。

一番気になったのはファインダー

気になるのはファインダー倍率で0.62倍は物足りません。kissMはファインダー倍率非公開ですが、Canonの他機種が推定0.54倍なので、それくらいの可能性が高いです。せっかく高精細ファインダーなのに小さいとかなり見えにくいです。

このファインダーなら、いっその事ファインダー無しのEOSM100の方がいいのではないかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS M100 ボディ ホワイト
価格:49480円(税込、送料無料) (2018/3/2時点)

 

 

高感度

暗所性能はカタログスペックでは分からないので、実写や、ベンチマークテストの結果で見るしかありません。

KISSM発売前で情報がありませんが、過去のキャノン機の性能から

X-E3≧α6000≧kissM

このような優劣だと思います。優劣と言っても、多分誤差の範囲だと思います。

 

 

オートフォーカス性能

オートフォーカス性能もカタログスペックでは分かりません。

α6000≧X-E3

だと言われていますが、多分KISSMを含めこの三機種はオートフォーカス性能は同等ではないでしょうか。

 

 

比較の結果三者引き分け

どれが一番とは言えない三機種だと思います。

値段であったり、操作性であったり、使用感であったり、それぞれにいいとことろがあると思います。

この三機種では自分が欲しい性能機能がどれにあるのか見極めて選ぶ。

もしくはたくさん作例をみて、画作りで選ぶ。

もう一つ使いたいレンズがあるのかどうかも大事です。

コンパクトなカメラを使う人はテーブルフォトも多いと思うので最大撮影倍率というレンズの項目の数値が高いものがあると便利です(目安0.25倍)。

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。