GITZO GKTBB、Leofoto MT-03+LH25、ミニ三脚比較レビュー

サイズ比較

SONY ILCE-6000 (24mm, f/4.5, 1/640 sec, ISO100)

 

 

一番狭く開脚した状態ではLEOFOTO MT-03の方が狭いので、小さな設置スペースで使えます。

GITZOは二段、LEOFOTOは3段階に脚が開きます。SONY ILCE-6000 (24mm, f/4.5, 1/320 sec, ISO100)

 

LEOFOTO MT-03は脚が伸びるためこういう使い方もできます。しっかり安定しています。

SONY ILCE-6000 (24mm, f/5.6, 1/320 sec, ISO100)

 

こんな無茶な体勢も安定します。(安定させるまでのベストバランスを探るのは大変です。)

SONY ILCE-6000 (24mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO100)

 

 

スペック比較

GITZO

ミニトラベラー三脚

RRS

TFA-01 Ultra Pocket Pod and BH-25 pro

Leofoto MT-03+MTB19

Leofoto MT-03+LH-25

最大耐荷重3kg4kg2kg3kg
格納高22 cm269 cm279mm
重量265g331g?241g?

 

331g

(実測)

全伸高175mm211 mm305mm315mm
最低高125mm120mm156mm166mm
伸縮段数1段1段2段2段
開脚段数2段3段3段

先端無段階

3段

先端無段階

ベース側直径40 mm34 mm

 

 

実写比較(広角)

条件

微風、微妙な下がり傾斜のアスファルト、車の振動有り

α7RⅢ+SEL1635GM=重さ約1.3キロ

 

GITZO GKTBB

二段階開脚の狭い方(上の写真の脚)

GITZOのクランプはneewerに変更

 

切り出し

SONY ILCE-7RM3 (16mm, f/11, 30 sec, ISO100)

 

Leofoto MT-03+LH25

脚一段

SONY ILCE-7RM3 (17mm, f/13, 30 sec, ISO100)

 

書き出し

SONY ILCE-7RM3 (17mm, f/13, 30 sec, ISO100)

 

脚二段、下段を地面に直角に

SONY ILCE-7RM3 (17mm, f/16, 30 sec, ISO100)

 

切り出しSONY ILCE-7RM3 (17mm, f/16, 30 sec, ISO100)

 

実写比較(望遠)

条件

室内

α7R3+SEL70200GM+1.4テレコン=2521g(実測)

 

GITZO

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/5 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/8, 30 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/8, 30 sec, ISO100)

 

 

LEOFOTO

1段

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/5 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/9, 30 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/9, 30 sec, ISO100)

 

2段

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/5 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/8, 30 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (280mm, f/8, 30 sec, ISO100)

 

 

感想

コンクリ上の30秒露光では違いがほとんど出ませんでした。

驚いたのはLeofotoは脚を伸ばした状態でも十分な支持力がありました。

どちらの三脚も素晴らしい性能です。

少しでも低さを稼ぎたい、開脚しやすいので地面すれすれを多様したいということであればGITZOがいいと思います。

汎用性の高さはLeofotoだと思います。

自分はLeofotoの方が持ち出す機会が多そうですが、両方使いながら、見極めていきたいと思います。

 

GITZO GKTBB

開脚のしやすさ

雲台の操作のしやすさ

 

 

 

 

Leofoto MT-03+雲台LH-25

雲台の操作がパンニング一体型なので、使いにくい。

雲台の強度がかなり強い、オーバースペックかも。

雲台は耐荷重が下がるがMTB-19の方がいいかも。

設置場所の自由度が高い。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!