α7RⅣ 長期使用レビュー

α7R4 LCE-7Rm4 レビュー

 

高画素フルサイズカメラのスペック比較

基本スペック

スマホは横向きで一覧表示できます

α7R4Z7S1Rα7R3
センサー

エンジン

61mp裏面照射センサー

有効画素約6100万

総画素約6250万

35.7×23.8mm

2017BIONZX

45mp裏面照射センサー

有効4575万

総画素4689万

35.9×23.9mm

2018 EXPEED6

 

有効画素4730万

総画素5044

36.0×24.0mm

ヴィーナスエンジン

42mp裏面照射センサー

有効画素約4240万

総画素約4360万

35.9×24.0mm

2017BIONZX

センサー防塵

X

XスーパーソニックウェーブフィルターX
外形寸法

幅x高x奥行

128.9×96.4×77.5134×100.5x67mm148.9x110x96.7126.9×95.6×62.7
本体のみ重量578g585g約898g約572g
記録メディアスロットSDスロットx2

(uhsⅡx2)

XQDスロットx1XQDx1

SDx1

SDスロットx2

片方のみUHS-Ⅱ

ファインダー576万ドット

倍率0.78倍

 

369万ドット

ファインダー倍率約0.8倍

 

576万ドット

倍率0.78倍

369万ドット

ファインダー倍率0.78倍

液晶モニター144万ドット

チルト

210万ドット

チルト

210万ドット

三軸チルト

144万ドット

チルト

タッチパネル
マルチセレクター(ジョイスティック) ○
ダイヤル数

 

前後ダイヤル

露出補正ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

3

前後ダイヤル

モードダイヤル

前後ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

前後ダイヤル

露出補正ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

物理ボタン数15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

15?15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

レバー2

15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

USB-C

USB 3.2 Gen1

USB充電給電充電給電○充電のみ充電給電○充電給電○
バッテリーNP-FZ100

2200mAh

EN-EL15b

1865mAh

DMW-BLJ31

NP-FZ100

2200mAh

 撮影可能枚数ファインダー使用時:約530枚ファインダーのみ使用時:約330コマファインダー時約360枚ファインダー使用時:約530枚
防塵防滴配慮。完全に防ぐものではありません。R3より改善?高い防塵・防滴性能を確保イナス10℃まで耐えうる、防塵・防滴・耐低温配慮

完全に防ぐものではありません。

シャッター耐久約50万回約20万回約40万回約40万回

 

 

撮影スペック

スマホは横向きで一覧表示できます

α7RⅣZ7S1Rα7RIII
ファインダーブラックアウトフリーXXX
電子シャッター(サイレントシャッター)
アンチディストーションシャッターXXX
フリッカーレス撮影 ○静止画フリッカー低減撮影 
手ブレ補正5軸5.5段5軸5段6段5軸5.5段
ピクセルシフトマルチ撮影240MP
瞳AF
リアルタイム瞳AFX X
専用レンズ以外での瞳AF
AF測距点合計493点
AF測距点(位相差)527点X399点
AF測距点(コントラスト)425点

225点

425点
AF検出輝度範囲

EV-3-20

-1~19 EVEV -6~18EV-3-20
連写性能Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

最高9コマ

14bit8コマ

高速約9コマ/秒

 約6コマ/秒(AFC時)

中速約5コマ/秒
低速 約2コマ/秒

Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

連続撮影可能 枚数(圧縮RAW/12ビット記録)

RAW+JPEG 約68枚

20枚程度?RAW+JPEG連写:35枚以上RAW+JPEG 約 76 枚

 



 

 

ミラーレスの王様

α7R3よりも大きな進化をしていると思います。

ましてや、α7R2とは別物ではないででしょうか。

EOSR5の発売も近づいているようですが、

現時点では王の中の王。

とってもオーソドックスなカメラに仕上がっていると思います。

α9Ⅱのシャッター幕にによるセンサー保護機能がつけば向こう10年いけるのではないでしょうか。

 

画質

RAWでadobeカラー、デフォルトのまま書き出し

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/7.1, 1/80 sec, ISO2500)

 

等倍

 

 

等倍でみるとISO2500でザラザラノイズですし、

低感度で暗部を持ち上げてもノイズは出やすいですが、

カラーとかディテールが残っているように思います。DxOはノイズ量の測定だけなので、DxOの数字には出ない部分ではないかと思います。

現像できっちり追い込んで、適切な鑑賞サイズで見るにはR3の42MPセンサーよりパワーアップしていると思います。

画素数だけでなく、より情報量の豊富なRAWデータを出力してくれているのではないかと思います。

α史上最高画質です。

自分としては将来的に、あと1段ダイナミックレンジが広がってくれないかなと思います。

 

操作性

ボタン配置は大きくは変わっていませんが、使ってみないとわからない細かい変更が多々あります。

グリップの形状も相まって、操作性も1段向上したのではないでしょうか。

 

リアルトラッキングAF

AF-Cと何が違うんだろうと思ってしましたが、

一点AF(フレキシブルスポットAF)は、その中央一点のAFエリア内でしかAFしませんでしたが、

リアルトラッキングAFは最初に任意の一点にあった被写体を画面全域で追従します。

IMG_52271
瞳を認識すれば瞳を追従します。

静止物主体の方にも、有効性の高い機能だと思います。

特に風にたなびく、花なんかに良いではないでしょうか。

撮影スタイルを一変させるようなすごい機能です。

 

 

ファインダー

ファインダーはとても自然でみやすく、EVFの完成にかなり近づいたのではないでしょうか。

 

作例

SONY ILCE-7RM4 (35mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM4 (35mm, f/5, 1/40 sec, ISO125)

 

 

SONY ILCE-7RM4 (90mm, f/2.8, 1/500 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (16mm, f/14, 1/15 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (20mm, f/7.1, 1/500 sec, ISO100)

 

 

まとめ

高画素番長ではありません。

高画素でありながら全方位にバランスのとれた、素晴らしいカメラです。

いつまでSD引っ張るんだろうという思いもありますが、

現時点で最高のカメラではないでしょうか。

現在の技術によるセンサー(画質)の性能はかなり限界に近づいたかもしれません。これ以上を求めるには大きな技術革新が必要かもしれません。

価格はかなりお高いですが、

もしも購入候補に入っているなら、買わない後悔はするかもしれませんが、買って後悔することはないと思います。

ソニー α(カメラ) 最新お買い得情報(2020年6月17 日更新)

ソニーストア

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4

353,500円(12/02 09:05時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

最新情報をチェックしよう!