MAVIC AIR2の修理ーDJI JAPANのサポートについて(後日談あり)

mavic air2のジンバルが故障しました。

 

購入から10日、5時間ほどの飛行で

ジンバルが制御不能になり、

このようにシンバルのエラーの表示がでました。

ジンバルキャリブレーションをすると一時的になおりますが、しばらくするとまた同じエラーがおこります。

おそらくこの方と同じ症状ではないかと思います。

もしかしたら、この機体のよくある初期不良なのかもしれません。

 

 

修理の手続き

 

私は有料サポート

DJIのサポートページから修理依頼をしました。

症状を記入したところ、

電話やメールなどでサポート窓口に問い合わせると症状がなおるかもしれない

と、表示されたので、窓口に電話。(スムーズに繋がりました。)

症状を伝えたところ、上記のジンバルキャリブレーションを提案された。

ジンバルキャリブレーションをしても直らなかった旨を伝えて、電話を切り、

先程の修理依頼の続きをしました。

 

サービスセンターへの発送は代引きで佐川を使ってくれということでしたが、

最寄りの佐川まで50分、集荷も時間を合わせるのが苦労しそうだったので、

代引きヤマトで発送しました。

 

修理

 

1.引受確認メールがなかなかこない

6月8日発送(月曜日)

6月9日着(火曜日)

しかし、6月11日(木曜日)に引受確認メールや、進捗状況への反映はありませんので、催促のメールをしました。6月12日に引き受け確認メールがきました。

 

到着後検査や修理は遅れても仕方ありませんが、お互いの信頼のために引受確認メールは遅くとも翌日までにはほしいものです。

 

2,検査について

12日金曜日に進捗状況が引受になりましたが、その日のうちに検査が終わったようで、

「異常なし、承諾待ち」

というステータスになっていました。

承諾確認メールはまだ来ていません。

 

15日月曜日

承諾確認メールが来ました。

内容は

6月12日に見積もりをした
異常なし
修理サービス料 8800円
送料2000円
割引4400円
合計6400円

 

異常無しだったので、検査料をいただきますという内容でした。

割引なければ8800円と高額な検査料です。

高額な検査料のなのに異常を見つけられたなかった

いったいどのような検査をしたのでしょうか?

非常にお粗末な修理対応です。

 

以下の証拠をメールで送って、

翌16日無償修理(交換)となりました。送料もかかりません。

 

 

帰還

6月16日無償対応の返信

整備済品(新品)との交換

6月18日発送

6月19日着

 

修理したわけでなく、丸ごと交換の割に非常にスローな対応だと思います。

 

まとめ

他の有償保証はだいたい製品の5%が保険料です

DJIは機体の10%が保険料です。

・ロクに検査もしてくれない

・全てが遅い

有償でしかも高額な保障制度であることを考えると非常にお粗末なサポート体制ではないかなと思います。

 

 

問い合わせ窓口はスピーディーで丁寧です。

 

2回目の修理

一ヶ月足らずで2回目の修理にだすことなりました。

今回は私の操作ミスで、木の枝に引っ掛けて、高さ3mくらいの位置からアスファルト落下です。

 

記録

 

6月29日事故、修理品の発送
6月30日荷物追跡で到着確認後、DJIに受け取りの確認メール、当時中に返信有り
7月1日見積もり(14,000円)、有料保障の二回の交換サービスを依頼

銀行振り込み、振り込み報告メールを送る、すぐに確認の返信あり。

7月2日あたらめて振り込み確認と発送予定日(翌日)のメールが来る
7月3日
7月4日到着

 

 

まとめ2

今回は前回とうってかわったハイスピード対応でした。

このブログをDJIが読んだのか、それとも、辛辣なアンケートを書いたからか、それとも先手先手で確認メールをしたからか。

理由はわかりませんが、一回目はなんだったのかというほど早い対応をしていただきました。DJI様、関わっていただいたスタッフ様ありがとうございました。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!