EOSR5、6とα9Ⅱ、7RⅣ、S1H徹底比較

 

CANON機での比較

R5R6RRP
外形寸法138

97.5

88mm

138

97.5

88.4m

135.8

98.3

84.4mm

132.5

85.0

70.0

重量

本体のみ

 

738g

650g

680g

598g

660g

580g

485g

440g

センサー

エンジン

45MPDPセンサー

DIGIC X

20MPDPセンサー

DIGIC X

30MPDPセンサー

有効画素3030万

総画素3170万約

36.0×24.0mm

DIGIC8

26mpDPCMOSセンサー
記録メディアスロットCFExpress+SD UHS IISD UHS IIx2SDUHS-Ⅱx1SDUHS-Ⅱx1
記録方式HDRPR、HEIF、RAW、JPEGHDRPR、HEIF、RAW、JPEGRAW、JPEGRAW、JPEG
ファインダー576万ドット

0.76倍

フレームレートが119.88fps

369万ドット

倍率0.76倍

フレームレート119.88fps

369万ドット

倍率0.76倍

フレームレート

60fps?

236万ドット

0.70倍

 

液晶モニター210万ドット(3.2型)

バリアングル

162万ドット(3.0型)

バリアングル液晶

210万ドット

横開きバリアングル

104万ドット(3.0型)

バリアングル

USB充電給電○PD対応?充電のみ充電のみ
バッテリーLP-E6NH

2130mAh

LP-E6NH

2130mAh

LP-E6N/LP-E6

1865mAh

LP-E17
撮影可能枚数省電力モードで700枚、

8K RAW1時間20分

370枚

動画撮影140分

250枚

100分

マルチセレクター(ジョイスティック)マルチファンクションキーX
ファインダーブラックアウトフリーXXXX
フリッカーレス撮影XXXX
フリッカーレス撮影静止画フリッカー低減撮影
手ブレ補正ボディ、

レンズ連動時8段、電子式手ブレ補正のミックスも可能

ボディ、

レンズ連動時8段、電子式手ブレ補正のミックスも可能

レンズレンズ
瞳AF
動物AFXX
頭部AF、背中AFXX
連写性能機械シャッター12コマ/秒

電子シャッターで最大20コマ/秒

機械シャッター12コマ/秒

電子シャッターで最大20コマ/秒

最高8コマ

AFサーボ5コマ

最高5コマ
連続撮影可能 枚数RAW47枚RAW50枚
動画8K動画はUHDとDCIの両規格に対応。最大フレームレートは29.97fps、10bit Canon LOG、10bit HDR PQ、12bit Canon Cinema RAW(Lightではない)の内部記録に対応。Cinema RAW以外はH.265に対応。全てクロップなしで撮影可能。
– 4K動画はDCI・UHDともに最大119.88fpsで撮影可能。29.97fpsまではDCIで8.2K、UHDで7.7Kのオーバーサンプリングに対応。
– 8Kでも4Kでも動画時のAFで人物検出や動物検出が可能。
– 録画時間は29分59秒まで、8K RAWと8K30pでは温度上昇をともなうため約20分ほど。4K60pでは再スタートさせれば35分撮影可能。USB給電での動画撮影も可能
– マイク端子とヘッドフォン端子を搭載
動画は4K60pでクロップなしでの撮影に対応。5.1Kのオーバーサンプリングが可能
– Canon Log 4:2:2 10bit 内部記録、HDR PQ 4:2:2 10bit内部記録に対応
4K30p

フルHD60p

HD120p

4K(3840×2160)、フルHD(1920×1080)、HD(1280×720)
HDR動画撮影時:
•RF/EFレンズ使用時:フルHD
•EF-Sレンズ使用時、動画クロップ時:HD
タイムラプス動画撮影時:4K/フルHD

 

 

α9Ⅱ、α7RⅣ、S1H比較

R5R6α9Ⅱα7RⅣS1H
外形寸法138

97.5

88mm

138

97.5

88.4mm

128.9

96.4

77.5

128.9

96.4

77.5

151.0

114.2

110.4

重量

本体のみ

 

738g

650g

680g

598g

678g

593g

 

578g

1164g

1052g

センサー

エンジン

45MPDPセンサー

DIGIC X

20MPDPセンサー

DIGIC X

24mp裏面照射積層センサー

 

61MP裏面照射センサー

2017BIONZX

24mpCMOS

 

記録メディアスロットCFExpress+SD UHS IISD UHS IIx2SD UHS IIx2SD UHS IIx2SD UHS IIx2
記録方式HDRPR、HEIF、RAW、JPEGHDRPR、HEIF、RAW、JPEGRAW、JPEGRAW、JPEGRAW、JPEG
ファインダー576万ドット

0.76倍

フレームレート119.88fps

369万ドット

倍率0.76倍

フレームレート119.88fps

369万ドット

倍率0.78倍

フレームレート120fps

576万ドット

0.78倍

フレームレート120fps

576万ドット

0.78倍

フレームレート120fps

液晶モニター210万ドット(3.2型)

バリアングル

162万ドット(3.0型)

バリアングル液晶

144万ドット

チルト

144万ドット

チルト

233万ドット(3.2型)

バリアングル

USB充電給電○PD対応?○PD対応
バッテリーLP-E6NH

2130mAh

LP-E6NH

2130mAh

NP-FZ100

2200mAh

NP-FZ100

2200mAh

撮影可能枚数省電力モードで700枚、

8K RAW1時間20分

ファインダー使用時:約500枚
動画195分
ファインダー使用時:約530枚360枚

省電力時1150枚

60分

シャッター耐久 50万回30万回50万回
マルチセレクター(ジョイスティック)
ファインダーブラックアウトフリーXXXX
フリッカーレス撮影
手ブレ補正ボディ、

レンズ連動時8段、電子式手ブレ補正のミックスも可能

ボディ、

レンズ連動時8段、電子式手ブレ補正のミックスも可能

ボディ

5.5段

6段

デュアル6.5段

瞳AF ○
動物AF動物AF動物AF動物瞳AF瞳AF動物AF
頭部AF、背中AFX
連写性能機械シャッター12コマ/秒

電子シャッターで最大20コマ/秒

機械シャッター12コマ/秒

電子シャッターで最大20コマ/秒

高速(H): 約9コマ/秒(AFS/MF時) / 約6コマ/秒(AFC時)
中速(M): 約5コマ/秒(AFS/MF時) / 約5コマ/秒(AFC時)
低速(L): 約2コマ/秒
Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

高速(H): 約9コマ/秒(AFS/MF時) / 約6コマ/秒(AFC時)
中速(M): 約5コマ/秒(AFS/MF時) / 約5コマ/秒(AFC時)
低速(L): 約2コマ/秒
連続撮影可能 枚数RAW(非圧縮)+JPEG 120枚RAW+JPEG 約68枚RAW60枚
動画8K動画はUHDとDCIの両規格に対応。最大フレームレートは29.97fps、10bit Canon LOG、10bit HDR PQ、12bit Canon Cinema RAW(Lightではない)の内部記録に対応。Cinema RAW以外はH.265に対応。全てクロップなしで撮影可能。
– 4K動画はDCI・UHDともに最大119.88fpsで撮影可能。29.97fpsまではDCIで8.2K、UHDで7.7Kのオーバーサンプリングに対応。
– 8Kでも4Kでも動画時のAFで人物検出や動物検出が可能。
– 録画時間は29分59秒まで、8K RAWと8K30pでは温度上昇をともなうため約20分ほど。4K60pでは再スタートさせれば35分撮影可能。USB給電での動画撮影も可能
– マイク端子とヘッドフォン端子を搭載
動画は4K60pでクロップなしでの撮影に対応。5.1Kのオーバーサンプリングが可能
– Canon Log 4:2:2 10bit 内部記録、HDR PQ 4:2:2 10bit内部記録に対応
フルエリア画⾓でのCinema4K/30p 4:2:2 10bit動画記録」

「スーパー35mm画⾓でのCinema4K/60p 4:2:0 10bit動画記録」

Cinema4K、4Kでは48p/47.95p、FHDでは119.88p/100.00p

4Kでは60fps、FHDでは180fps

 

 

気になる点

4500万画素でも高感度やダイナミックレンジは大丈夫なのか

1DXmk3は素晴らしいセンサー性能ですが、4500万画素のほうは高画素化しながら画質をキープできるか楽しみな点です。

参照 DxO 1DXmark3review

手ブレ補正

補正が聞きすぎて周辺画質がボロボロだという話があります。確認が必要です。

 

20コマ/秒

1DXmk3もローリングシャッター歪みは課題のようなので、心配な点です。

 

瞳AFの測距エリアについて

SONYはピンポイントAFで被写体を補足したとき、自動で全域で追従する(リアルタイムトラッキング)それに類似した機能となっているか?

レビュー動画等を見る限り、ピンポイントAFからワイドへの自動切り替え追従は無さそう

α7R4やα9ではなく、α7Ⅲ程度のAF能力ではないかと思います。

 

8Kからの切り出し

8K動画からの切り出しが最も気になり、使いたいポイントです。

おそらく、有料の8k対応のソフトと50万円クラスの高スペックPCがいるのではないかと思います。

 

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6-A

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS R6 ボディー EOSR6-A

374,340円(10/25 23:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

最新情報をチェックしよう!