DJI MAVIC AIR2  ファーストインプレッション

DJI MAVIC AIR2  レビュー

 

スペック

mavic air2mavic minimavic airmavic pro
展開時のサイズ183×253×77160×202×55168×184×64168×184×64
収納時のサイズ180×97×84140×82×57168×83×48214×91×84
対角寸法302213213354
重量570g199g430g907g

 

mavic air2mavic minimavic airmavic pro
飛行可能時間34分20分21分31分
最高速度68.4kg68.4km72km
障害物検知前後下前後下前後左右上下

 

mavic air2mavic minimavic airmavic pro
センサー1/2インチ1/2.3インチ1/2,31型
画素数1200万or4800万1200万1200万2000万
画角24mm24mm24mm28mm
静止画ファオーマットJPEG/DNG (RAW)JPEGJPEG/DNG (RAW)JPEG/DNG (RAW)
静止画モードシングルショット:12 MPと48 MP
バーストショット:12 MP、3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):12 MP、3/5枚(0.7EVバイアス)
タイマー撮影:12 MP、2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
スマートフォト:シーン認識/ハイパーライト/HDR
HDRパノラマ:
垂直 (3×1): 3328×8000ピクセル (幅×高さ)
ワイド (3×3):8000×6144ピクセル (幅×高さ)
180° パノラマ (3×7):8192×3500ピクセル (幅×高さ)
スフィア (3×8+1):8192×4096ピクセル (幅×高さ)
シングルショット
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
シングルショット
HDR
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 秒
パノラマ:
3×1:42°×78°、2048×3712 (W×H)
3×3:119°×78°、 4096×2688 (W×H)
180°:251°×88°、6144×2048 (W×H)
スフィア (3×8+1):8192×4096 (W×H)
シングルショット
バーストショット:3/5枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:(JPEG : 2/3/5/7/10/15/20/30/60秒 RAW : 5/7/10/15/20/30/60秒
動画解像度4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30/48/50/60 fps
2.7K:2688×1512 24/25/30/48/50/60 fps
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120/240 fps
4K Ultra HD HDR:3840×2160 24/25/30 fps
2.7K HDR:2688×1512 24/25/30 fps
FHD HDR:1920×1080 24/25/30 fps
2.7K:2720×1530 25/30 p
FHD:1920×1080 25/30/50/60 p
4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p
4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
動画最大ピットレート120 Mbps40 Mbps100 Mbps100 Mbps

 

 

SONY ILCE-7RM4 (32mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (58mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

 

自分にとって一番の注目は画質です。

ハイエンドスマホに使われている積層型CMOSセンサーIMX586を積んでいます。

IMX586は1/2インチ(対角8.0mm)のセンサーです。そしてquad byer配列を採用することで、4800万画素、そして従来比4倍のダイナミックレンジ性能を達成しています。

この場合のダイナミックレンジ性能は明暗差の記録です。

 

quad bayer配列とは

IMX586の商品説明

隣接4画素が同色のカラーフィルターであるQuad Bayer配列を採用することにより、高感度撮影も可能です。低照度時には、隣接する4画素の信号を加算することで、画素サイズ1.6μm相当(1200万画素)に感度を高め、低ノイズで明るい画像の撮影が可能となります。これらに加えて、ソニー独自の露光制御技術と信号処理機能をイメージセンサーに内蔵することにより、従来と比較して4倍となるダイナミックレンジの広い撮影、及びリアルタイムでの出力を実現します。画面内に明るいところと暗いところが共存するシーンでも白飛びや黒潰れを抑えた画像を撮影することができます。

 

作例

DJI FC3170 (4.5mm, f/2.8, 1/200 sec, ISO100)

 

 

DJI FC3170 (4.5mm, f/2.8, 1/1250 sec, ISO100)

 

 

DJI FC3170 (4.5mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)
default

 

DJI FC3170 (4.5mm, f/2.8, 1/50 sec, ISO100)

2枚は同じ写真で上は撮ったままの写真、下はRAW現像した写真です。

かなり大きく手を加えていることがわかると思います。

センサーのパワー(画質)が良くないと大きく手を加えられません。

↓同じものを左右並べて比較できるようにしました。

[twenty20 img1=”7604″ img2=”7605″ offset=”0.5″]

 

拡大したものを並べてみました。

 

[twenty20 img1=”7607″ img2=”7608″ offset=”0.5″]

 

[twenty20 img1=”7637″ img2=”7641″ offset=”0.5″]

 

4800万画素解像度が桁違いです。

どこまででも拡大できます。

 

4k60pでアップしています。大した動画ではありませんが、木の葉の解像感と揺れ具合をご確認いただければ、画質がわかると思います。画質に驚かない場合はYou Tube側の解像度の設定をお願いします。

 

 

 

感想

 

mavicproのような全方位障害物センサーがあれば言うことありませんが、それでも素晴らしい出来だと思います。

バッテリーは21分間飛ばして85%から35%への減りでした。30分飛ばせるのではないかと思います。

何よりもカメラ性能です。

mavic proは使ったことありませんが、1型センサーのカメラは使ったことがあります。

SONYの1型カメラの方が自然体というか品がある画質な気がしますが、センサーサイズが小さいのに圧倒的な解像度と、そしてダイナミックレンジはもしかしたら1型を超えているかもしれません。

写真の作品作りに積極的に用いたいと思える画質です。

MAVIC AIR2の最大の売りはカメラの性能ではないでしょうか。

 

mavic pro2買い換える必要はないと思いますが、AIRやsparkやminiからは大きなステップアップになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

空撮(石川県金沢市)


 

最新情報をチェックしよう!