Peak Design EverydaySling 5L ASH一ヶ月使用レビュー

ピークデザインエブリデイスリング5Lレビュー

EverydaySling5L

2017年10月31日に発売されました。

色は新色ブラックとASHにセージも加わり三色展開になります。

今回はあまり悩まず一目惚れして買ってしまった感じです。

ウエストバッグとして使えることも購入の決め手になりました。

サイズ H19 × W31 × D11 cm
重量 500g(実測540g)
収納タブレットサイズ H18.5 × W24 × D1.5 cm
FlexFold ディバイダー ×2種

 

 

 

サンプル画像

SONY ILCA-99M2 (35mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO160)
SEL2470GMとRRSのプレートをつけた7R3+35F14Zがはいっている状態です。

 

 

SONY ILCA-99M2 (35mm, f/1.8, 1/80 sec, ISO320)

 

 

開けてみるとこのような感じです。

カバンが型崩れするような収まり方じゃないですが、パンパンです。

締める時もスムーズにいきません。

 

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/4 sec, ISO100)

タブレット収納部です、マグネットになっています。

 

 

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/4 sec, ISO125)

中の両サイドにスマホがすっぽり入るポケットがあります。

 

 

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/9 sec, ISO100)

上フタの裏には小物収納スペースがあります。

 

 

 

インナーバッグとしても使えます。

幅31cmというのはバックパック全般と相性が良いみたいでPDのトラベルバックパックだけでなく、いろんなバッグのインナーバッグ、セカンドバッグとして使えます。

 

Gregory ZULU30

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

HAKUBA アドバンスピーク25L

SONY ILCE-7RM3 (32mm, f/13, 1/10 sec, ISO100)

 

F-stopのAJNA

SONY ILCE-7RM3 (38mm, f/11, 1/8 sec, ISO100)

Peak Design EverydaySling 5L ASH一ヶ月使用レビュー

感想

デザイン

一目惚れしました。

デザインは好みの問題ですが、実物もとてもかっこいいです。

 

収納力

α7シリーズもはいりますが、きつきつです。

α6000をいれるとちょうどいい感じで、レンズも3本はいります。

 

担ぎやすさ

・体に密着させることでバックパックのような体の負担の少なさと、フットワークの軽快さ

・バックパックと違って、ワンショルダーにすることで収納部へのアクセスの速さ

が一般的なスリングバッグの特徴です。

EverydaySlingも同じくそのことが利点になってきますが、

他のスリングとの違いはベルトの伸縮のしやすさです。ベルトを伸縮しやすいので、他のスリングバッグよりもアクセス力に優れます。

 

 

総評

α7R3でサイズもきつめですし、重さもずっしりと感じます。

コンパクトなバッグなので、APSC以下のミラーレスで軽快に使用するのが最適ではないかと思います。

このサイズだと5000円くらいで結構バッグがあるので、割高感はありますが、品質は値段なりにいいです。

機能性よりもコンパクトさを優先しているので、他のpeakdesignのバッグのような独自の機能があまりありません。

バッグの素材が硬いので、型崩れもしませんし、そこも利点かなと思います。

このバッグを購入するのにおすすめの方は

・デザインが気にいった

・ディバダー(バッグ内の仕切り)が気に入った

・ベルトの伸縮のしやすさが気に入った

・PeakDsignのCapturを使用したい

 

そういう方におすすめのバッグかなと思います。

 

 

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。