RRS TQC-14mk2 レビュー

仕様

TQC-14mk2 GT2542 GT2545T
重さ 1.19kg(カタログ)

1266g(実測)

1680g 1335 g
収納高 44.8 cm 56 cm 44.5 cm
全伸高 148.6 cm 167 cm 154.5 cm
伸高(センターポール無し) 121 cm 139 cm 131 cm
最低高 8.4 cm 15 cm 22 cm
パイプ径 28.5/24.6/20.5/15.6mm

(実測)

29/25.3/21.7/18.3 29/25.3/21.7/18.2
アッパーディスク 40.5mm(実測) 60 mm 42 mm
センターポール 24.5cm(アルミ)

 

パイプ系が下段に向けて4mmずつ細くなっていますが、最下段のみ5mm細くなっています。

計測ミスかと思い何度測っても同じでした。

 

製品

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 2 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 1 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 2 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/4, 1/25 sec, ISO6400)

 

購入理由

GT1555Tからの買い替えです。

トラベラーの折りたたみがめんどくさい。

特にしまう時にセンターポールを伸ばすのがめんどくさい。

そう感じていた時にP0 HYBRIDを購入し、P0 HYBRIDをいつでも使いたい、しかしトラベラーでは折りたたみ時に邪魔になる。

決定打はP0 hybridを外で使うために適した三脚が欲しいという理由でした。

 

究極の雲台!! ARCA-SWISS P0 Hybrid ギア雲台 レビュー

 

感想

基本的に運搬時には雲台を取り外しています。

トラベラータイプはひっくり返すことで、雲台分の長さを稼いでいるのと、そのことで重心が下がるので、バッグに取り付けたときのバランスがいいという面があります。

なので、雲台を取り外せばトラベラーと同等の長さになり持ち運びしやすくなります。

雲台を付け外しする手間と、畳む手間は同等ではないかなと思います。もともとP0 Hybridを色んな三脚で使いたいという理由での買い替えなので、気になりません。

雲台の付け外しに便利なアイテムもあります。

 

 

他にもKirkRRSなどもあります。現在KIRKのプレートにRRSのクランプを使用予定で、しばらく使ってから記事を書きたいと思います。

記事を書きました。

普通の三脚をトラベラー三脚のように運用する方法

 

以前は縮長35cmのGT1555Tを使っていたので、さすがにTQC14-mk2は長いと感じますが、雲台を外しているので、持ち運び時の重量バランスがよく、苦になりません。

 

現行のGITZOマウンテニアはワンタッチでセンターポールを取り外せるようですが大きいです、トラベラーは小さいかわりにワンタッチではないので、どれも一長一短ではないかなと思います。

 

 

カーボン柄

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 4 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 2 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/11, 2 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/13, 30 sec, ISO400)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/13, 30 sec, ISO400)

 

 

サイズが違うので、剛性感は比べられないですが、GTIZOとRRSは同じくらいカーボンの柄が鮮明でなので、製造方法なのか素材なのか、値段なりの質の高さを感じます。

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。