家族で行く、パパカメラマンのディズニーランド装備

ディズニランド惨敗の歴史

パパとして三回目の一泊二日ディズニーランドの旅に行ってきました。

過去二回は惨敗でした。

1回目、娘2歳9ケ月(2012年9月15,16日)

持っていったカメラRX100 

少し暑さが緩まっているかなと思い9月にしましたが、この年のの9月で一番暑い日でした。33度です。

 

敗因

娘が着ぐるみを怖いと思う時期で、ミッキーが寄ってくると泣く状態でした。娘がディズニーの何にも喜ばなかった。行ったこと自体が失敗でした。

なので、写真を撮る気にもあまりならなかったのですが、

カメラにもイライラする部分はありました。カメラRX100の起動は遅い。

この2日間で撮った枚数は128枚です。

 

2回目、娘5歳(2015年9月15,16日)

持っていったカメラ GR(APSC)

ビビディバビディブティックでベルのドレスを着ました。

アトラクションは身長制限もあって、あまり乗れず、キャラクターグリーディングを主に楽しみました。

二日間で撮った枚数は123枚でした。

 

敗因

28mm単焦点だけでは使い所が限られます。

好みの問題でもありますが、GRと肌色の相性はあまりよくないように思います

 

過去二回の反省

心構え①

過去二回の写真を振り返ると、あまり枚数がなく、記憶としても記録としてもディズニーに何をしたかどんなことがあったか思い出せない状態だったので、

面白い写真やいい写真を撮ることよりも、せっかく飛行機でディズニーに行くなら記録することが最も大事だという結論に至りました。

定番スポットでしっかり撮る、乗ったアトラクションの前で撮る。

そういう記録が一番大事だと自分は思います。

楽しかろうが楽しくなかろうがしっかり記録する。

何が大事かは人それぞれ違うと思いますが、自分の場合は失敗を踏まえてそういう結論になりました。

 

心構え②

家族のペースに合わせる。いい写真を撮るよりもパークを楽しむことが大事だと思います。あまり撮影に労力をかけない。

その上で要所要所で記念撮影をする。

 

カメラ

パパカメラマンとしてディズニーランドでカメラに求める性能は

軽さ

速射性

構図の自由度

暗所画質

この4点という結論に至りました。

キャストの方に撮ってもらうこともあるので、手ブレ対策に夜や室内はシャッタースピード優先モードでSSは1/100固定がいいと思います。

 

今回、娘9歳 (2019年6月15、16日)

持っていったカメラ α7RⅢ+SEL2470Z

15日は終日雨(夜は小雨)

16日は快晴でした。

今回は604枚でした。

前回前々回が約130枚だったので、とにかく記録するという目標は達成できたように思います。

 

なぜα7RⅢ+SEL2470Z

1,妻が撮れるカメラの重さ

2,暗所画質

3,広角〜標準画角

この三点を満たすものを考えた結果この組み合わせになりました。

タムロン28−75mmも考えましたが、100g重く、長さも一回り大きいのでSEL2470Zになりました。

金額もオークションで中古だと5万円台で購入できます

 

↓真っ暗に近い状態でしたが、現像で2段、部分的には2.5段くらい持ち上げて、これだけしっかり写ってくれています。ISO6400から2段持ち上げているので、ISO25600相当です。

7r3はシャッターさえきれば、トリミングやシャドウ補正などのレタッチ耐性が抜群に高いので、現像である程度どうにかなるのは大きな強みです。

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

↓撮って出し

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

 

 

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO1600)

 

SONY ILCE-7RM3 (44mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (46mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100)

 

ディズニーシーからの富士山

人生二回目の富士山で興奮しました。トリミングしてます。

TDSアメリカンウォーターフロント

SONY ILCE-7RM3 (70mm, f/16, 1/100 sec, ISO100)

 

当日の携行品

SONY ILCE-7RM3 (32mm, f/11, 5 sec, ISO100)

 

以下を収納してバッグ込で3.4キロでした。

1,カメラα7RⅢ+SEL2470Z

2,ペットボトル

3,iQOS3MULTI x2

4,財布

5,レインジャケット

6,モバイルバッテリー(130g)+モバイルポーチ+ケーブル

7,iPhoneX(画像になし)

8,扇子(画像に無し)

9,タオル(画像に無し)

10,ティッシュ(画像に無し)

 

 

 

 

 

 

バッグ

PDのエブリデイスリングの5Lか10Lを持っていこうと思いましたが、新調しました。

ソニーのLCS-SB1Bです。

詳細は別記事にしますが、特徴を簡単にいうと

軽い(510g)

左右両肩対応(担ぎ方を変えることで負担軽減)

ポケットが多い(小物を整理して収納しやすい)

生地が柔らかく身体に密着

 

旅行に最適! 軽量 カメラ スリングバッグ LCS-SB1


 

 

ディズニー内での行程

一日目(土曜日)終日雨 二日目(日曜日)快晴
5:00 5:35起床
6:00 6:40チェックアウト
7:00 7:00シー着

H15の入園待ち植え込み一個目

7:52トイマニアのFP(8:45のFP)

妻娘別行動でシェリーメイのグリーディングへ3組目。(ダッフィーは30分待ち)

8:00 8:10シェリーメイのグリーディング

8:25ミニーのグリーディングに並ぶ(40分待ち)

 

9:00 9:05ニモのFP(11時)

9:10野良ドナルドグリーディング

9:15トイマニア

10:00 10:45飛行機 10:00クックオフで昼食
11:00 ニモ
12:00 12:10リムジンバス ジャンピン・ジェリーフィッシュ30分待ち

 

13:00 13:15ビビディバビディブティック

同時にモンスターズインクFP取得(21時台)

13:00フライング・フィッシュコースター30分待ち
14:00 14:00ショー(七夕グリーディング)

14:26リゾートライン

14:35ディズニーランドホテル

14:55リムジンバス

15:00 15:10ディズニーランドホテルチェックイン(30分待ち) 15:55羽田第二ターミナル
16:00 16:10アンバサダーで向かう

16:40シェフミッキー

17:00
18:00 18:00ランドへ向かう

ヘアメイクを直してもらう

18:40バズライトイヤー(40分待ち)

19:00 19:40パレードをチラッとみる

19:50シンデレラ城

20:00 20:00プーさん(30分待ち)
21:00 娘が限界を迎えたため21:10ホテルへ戻る

モンスターズインクはしなかった

22:00
23:00
24:00 就寝

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。