SEL35F14Z (Distagon FE 35mmF1.4 ZA) 長期使用レビュー

SEL35F14Z (FE 35mmF1.4 ZA)

 

購入一年半のレビューとなります。

 

スペック

長さ×最大家 112 × 78.5mm (フィルター径: 72mm)

重量  680g

 

 

作例

大きな画像はPortfolioにあります。

 

 

 

 

 

 

大きな画像はPortfolioにあります。

 

 

感想

大きさ、重量

 

大きく重いです。

大きさ重さ自体はこのクラスでは普通だと思いますが、重量バランスが悪いのでないでしょうか。

SEL90M28GやSEL100F28GMはそこまで重く感じませんが、このレンズは重いです。頑張って持ち出す感じになります。

長いレンズはストラップ+カメラで動く時にどうしても壁などにぶつけやすくなるので、取り回しに気を使います。

 

画質

繊細この言葉につきます。

絞り値ごとに表情を変えていきます。

絞っても周辺減光の改善が遅いです。前々回の記事がわかりやすいと思います。SEL35F28Z、SEL35F14Z、TAMRON SP35mmF1.8比較

逆光もかなり強い部類ではないでしょうか。

 

ボケ味

 

すっきり素直なボケ味です。

これも前々回の記事が分かりやすいと思います。

 

 

 

総評

 

透明感、繊細

この二言がこのレンズを一番端的に表すのではないでしょうか。

開放はあっさりめの描写ですが、絞るごとに表情を変えていくレンズで、単焦点の醍醐味を感じられるレンズです。

開放はさっぱり、絞ると濃厚な色ノリ、でも上品で繊細。

換算35mmはRX1、SEL24F18Z、タムロン35mmF1.8、SEL35F28Z使ってきましたが、他の画角も含めて今まで使ったレンズではSEL24F18Zが一番感覚的に近いかなと思っています。SEL24F18よりもより繊細です。

絞って使うことが多い人はSEL35F28Zでいいかもしれません。

35mmはRX1の時に言われていましたが、寄って望遠、離れて広角と言われる(50mmでも同じ言葉を聞いたことがありますが)使いやすいレンズです。ただ撮ると平凡になりやすいとも言われています。

なので一本だけ持って出かける時に35mmはよく選ぶのですが、α99Ⅱ+タムロン35mmはカメラによる疲れを減らしたい時、α7RⅡ+SEL35F14Zを使う時はこのレンズで撮りたい(透明感を期待)と思うときです。長いレンズで動く時はほんとに取り回しに気を使います。このレンズは気を使うレンズです。

最初にも書きましたが透明感と繊細、非常にいいレンズだと思っています。

 

不満点は

AF/MF切り替えスイッチがない事

重い

買われる方は重さでかさを覚悟をして買ってください。

Aマウントと違って、FEマウントは優等生レンズが多い気がしていますが、優等生レンズですが、ただの優等生ではない、

Eマウントらしさと、αらしさを突き詰めた一つの完成形ではないかと思います。

 

 

 

SEL35F28Z、SEL35F14Z、TAMRON SP35mmF1.8比較

 

 

スポンサード リンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です