ZEISS BATIS 40mm F2 CF ファーストインプレッション レビュー

ZEISS Batis 2/40 CFレビュー

BATIS 2/40 CF

噂の段階から待ちわびていたレンズでした。

まず寄れる、そして軽量ということが、このレンズの最も分かりやすいやすい特徴であり、売りだと思います。

40mmと画角は定番の画角ではないので、使いやすさで不安でした。

自分としてははじめてのZEISSレンズ(ZEISSが全責任を負っている)です。

設計特許はきっとタムロンで製造もタムロンだと思いますが、あまりそこはどうでもいいと思っています。

ZEISSが全責任を負って販売しているレンズということでテンションは上がります。

 

購入の動機

コンパクトで寄れる35mmレンズ、つまり万能レンズがほしいとずっと思っていました。

40mmですが、それが一番の動機です。

候補としてはRX1RM2も考えていました。

CANONのRマウントの35mmはうらやましいかぎりです。

 

スペック

BATIS40 タムロン28-75A036 SEL24F18Z
全長x最大径 106 mmx91mm 73×117.8 mm 63×65.5 mm
重量 361 g 550g 225g
最短撮影距離 24cm 19cm 16cm
最大撮影倍率 0.3倍

 

約0.35倍

 

0.25倍

(疑似換算0.43倍)

レンズ構成 8群9枚

Distagon

12群15枚

 

7群8枚

sonnar

非球面3

特殊分散4

非球面分散?1

GMレンズ1

複合非球面2

LD1

XLD1

非球面2

ED1

単純比較はできませんが、Eマウントの人気万能レンズのスペックを比較してみました。

SEL24F18ZはさすがにAPSCだけあって軽いです。

BATIS40の鏡筒はかなり太いです。

 

 

 

作例1曇天

曇りや日陰のコンディションの悪い状況での作例です。

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/50 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/60 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/200 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/60 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/50 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO125)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/3.5, 1/40 sec, ISO200)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/3.5, 1/40 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/3.5, 1/40 sec, ISO125)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO160)

 

 

玉ボケ

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/60 sec, ISO100)

 

 

等倍切り出し

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/5.6, 1/40 sec, ISO400)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/5.6, 1/40 sec, ISO400)

 

 

作例2好天

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/2000 sec, ISO100)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/250 sec, ISO100)
SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/5000 sec, ISO100)

 

作例3 料理スナップ

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO640)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO640)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/2, 1/40 sec, ISO640)

 

SONY ILCE-7RM3 (40mm, f/4.5, 1/40 sec, ISO2500)

 

 

 

 

感想

AF

AFは静かで速いです。

瞳AFをほんの少しだけ試したところ、動作も良好だと思います。

まだ使用時間が短いですが、きっと問題ないのではないかと思います。

 

ボケ

40mmF2のボケ量は使う前は深いかなと思っていましたが、想像以上のボケ量が大きくて、表現の幅が広そうです。

最短まで寄ると深度が浅すぎるくらいです。

前ボケも後ろボケもすっきりきれいなボケではないでしょうか。

玉ボケは崩れはしないですが、きれいとも言えないかなと思っています。

ボケは全体的に好印象です。

 

画質

ふさわしい言葉がみつかりません。

精緻、精細

そうかくと無機質なようですが、品があるというより、上品です。

42MPセンサーでもまだまだ余裕を感じる描写です。

今日段階での印象は貴婦人という感じです。

まだ30分ほどしかとっていませんが、立体感にびっくりするショットが何枚かありました。

等倍で切り出したのにこれだけ立体感があります。

公式HPにはマイクロコントラストに優れるとありますが、こういうかという感じです。

光の質がいいときの色乗りはこってり鮮やかでZEISSらしい発色ではないでしょうか。

 

逆光

まだテストできていません。

 

デザイン、サイズ

デザインはかっこいいですね。傷をつけたくないエレガントなデザインです。

フードとキャップはプラスティックだったのが自分には嬉しいポイントです。金属は無駄に重くて嫌いです。ただフード裏は起毛処理があってほしかったです。

サイズは使用前に画像でみるよりは小さいサイズでしたが、コンパクトとは言えないという印象です。

といってもじゅうぶんコンパクトで、ボディの補助グリップなしで、軽快に使えます。

じゅうぶんコンパクトなのですが、お散歩レンズという言い方をすると少し大きいと思います。

レンズだけの問題だけでなくα7R3自体がその用途では大きいと思います。

画質は素晴らしいのですが、散歩や旅行目的なら金額が許せばRX1RM2を使いたいというのが正直な感想です。逆にいうとRX1RM2が怪物レベルだということなのですが・・・

 

※追記 注意点

撮影距離によって絞り羽根が変動する仕様となっています。

近接で開放でとっても絞り羽根が少し絞った状態になります。

近接ではF2の絞りでは撮れません。

しかし、記録されるF値はF2となります。

 

 

総評

まだ30分しか撮影していない感想です。書き換えるかもしれません。

心配だった画角は、裏腹にスナップでとても使いやすい画角でした。

F2でこの高価格。描写はいい意味で値段なりです。素晴らしいレンズだと思います。

サイズに関してネガティブなことを書いたかもしれませんが、RX1RM2がちょっとおかしすぎるだけで、

α7R3との相性は抜群で、長くつかっていきたいと思います。SLE24F14GMは持っていませんが、サイズ重量的に二本持って出かけると相性がよさそうです。

旅行、散歩用というと?ですが、フルサイズミラーレスの交換レンズに相応しい万能レンズだと思いますし、αユーザー必携レンズであると思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。