NO IMAGE

「別格!重厚!高精細!」 EPSON SC-PX1V 一ヶ月使用レビュー

現在のエプソン写真向けプリンターのラインナップ

A3伸び対応写真向けプリンター

SC-PX1VSC-PX7VⅡEP-50VEW-M973AT
顔料顔料染料染料/顔料
色数9色8色6色6色
インクUltraChrome K3Xインク

Epson ClearChrome K2インク

ClearChrome K2 Plus インク
L判コスト20.8円23.9円14.0円7.6円
L判印刷速度44秒36秒34秒19秒
両面プリントXX自動両面プリント自動両面プリント
スキャナーXX
外形寸法収納時515×368×185(mm)622×324×219(mm)476×369x159mm523×379×169(mm)
重量約12.6kg約12.3kg約8.5kg約11.1kg
交換式廃インクボックスXXX

一番高額なので印刷速度が早いのではないかとおもってしまいそうですが、その反対に遅いです。なので高額なものこそより精細にプリントできるということではないでしょうか。

もうひとつ特筆すべきは交換式の廃インクタンクです。これは他社含め今までなかったのではないでしょうか。メンテナンスのしやすが大幅に向上しています。

 

 

 

 

ファームアップで安定性や描写力が上がったようです。

発売当初エラーや描写など評判が悪かったようですが、2021年3月23日頃のアップデートVer6.76の頃にはかなりよくなったようです。(私は3月30日に購入したので以前のことはわかりません。)

以下Twitter

 

 

なぜ自宅プリントするか

自宅プリントの最大の価値は、

用紙の選択肢の多さ

ではないでしょうか。

この写真はEPSONの超光沢紙で、この写真はピクトリコの絹目で、この写真はイルフォードのマットで

と、その写真に合わせた紙を自由に選ぶことができます。

 

 

感想

使い勝手

SONY ILCE-7RM4 (105mm, f/2.8, 1/125 sec, ISO3200)

 

インク残量が大型液晶に表示されます。

インクの位置も改良されているため、交換がとっても簡単になっています。

紙詰まりは今のところしていませんが、内部へのアクセスが優れいてるため、もし紙詰まりしても簡単に対処できそうです。

 

サイズ

7VⅡよりも大幅に小型化されたため、置き場所も自由度があがりました。

このクラスにしてはとんでもなく、コンパクトだと思いますが、

A3ノビプリンターなので、A4プリンターに比べるとかなり大きいです。

 

インクコスト

9色セットで2万円強します。

インク交換は年に1,2度ではないかと思いますが、セットで買うと結構な痛手です。

 

 

印刷速度

2Lを最高画質でプリントすると8分弱かかります。

 

 

色合わせ

どこまでこだわるかによりますが、EPSON PRINT LAYOUTを使うと一発でかなり満足のいくプリントに仕上がっています、

ディスプレイ上の色に満足できる範囲で近い色が出ています。

 

 

総評

でてきた写真に感動します。

今までPX7V2とEW-M873Tを試用しましたが、格が違います。もう一度言いましょうでてきた写真に感動します。

EW-873Tは友人知人に写真を配る機会が多い人に向いていると思います。

作品作りにはPX-1Vが適しているのではないかと思います。

 

 

 

 

写真用エコタンクプリンター EW-M873T レビュー

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!