SEL2470Z レビュー

Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS REVIW

購入理由

ちょっとした時用レンズ

「ちょっとした時用」レンズは紆余曲折しています。

SEL55F18Z、batis40、SEL24F14Z(α6000)

どれも素晴らしいレンズですが、「ちょっとした時」ということでは不満がありました。

そもそも「ちょっとした時」っていうのは贅沢でわがままな条件なんです。

いろいろ試して、その不満がかなり整理されてきたように想います。

 

ちょっとした時用レンズに求めるもの

1.軽量

2、コンパクト

3,画質

4、画角

以上4点です。

軽量とコンパクトを重視していたときはRX100やG9Xやα6000を使ってみました。

それだと画質に不満がありました。

その場合の画質はダイナミックレンジと暗所画質です。

画質には解像度やボケなどの要素もありますが、自分にとって優先はダイナミックレンジと暗所画質です。

それでBATIS40を購入しましたが、BATIS40の問題は太い、そして40mmということでした。

BAITS40を使ってみて、ちょっとした時用レンズに必要なのは広角であると気づきました。

というか標準ズームだ!ということになりました。

 

SEL2470Z購入の決め手

ソニーの標準ズームというと

SEL2470Z、SEL24105G、SEL2470GM,タムロンA036

があります。

sel2470z A036 sel24105G
最大径 73 73 83.4
長さ 94.5 117.8 mm 113.3
重量 426g 550g 663g

SEL2470Zの最大の特徴は軽さと長さです。

タムロンA036より1cmも短く

タムロンA036より114gも軽いのです

1cm違うと取り回しは結構違います。114gも負担は結構違います。

さらに24mmから使えます。

タムロンはF2.8で暗所画質で有利ですが、α7R3はISO12800も結構使えるのでF4で十分です。

 

sel2470z タムロンA036

28−75mmF2.8

sel24105G
最大径 73 73 83.4
長さ 94.5 117.8 mm 113.3
重量 426g 550g 663g
フィルター径 67 67 77
最大撮影倍率 0.20 0.34倍(wide),

0.25倍(tele)

0.31
最短撮影距離 0.4 0.19m (WIDE)

/0.39m(tele

0.38
レンズ内手ぶれ補正 X
レンズ構成 10群12枚 12群15枚 14群17枚
絞り羽根 7 9 9
特殊ガラス 非球面5、ED1 GM非球面1,非球面2、LD1,XLD1 AA2、非球面2、ED3
コーティング T*コーティング BBAR ナノAR、フッ素コーティング
RXD DDSSM
防塵・防滴
DxOSHARP 25

 

GMなどEマウント標準ズームのスペック表

SONY、Eマウント、標準ズームスペック比較(FE)

 

SONY ILCE-7RM3 (70mm, f/10, 1/6 sec, ISO100)

SONY ILCE-7RM3 (70mm, f/10, 1/6 sec, ISO100)

SONY ILCE-7RM3 (54mm, f/10, 1/6 sec, ISO100)

 

 

 

 

作例

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (26mm, f/5.6, 1/800 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (44mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/4, 1/100 sec, ISO6400)

 

SONY ILCE-7RM3 (70mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (24mm, f/5.6, 1/500 sec, ISO100)

 

 

光芒と逆光

SONY ILCE-7RM3 (54mm, f/5.6, 1/100 sec, ISO100)

 

 

食事スナップ

SONY ILCE-7RM3 (42mm, f/4, 1/50 sec, ISO500)

 

 

SONY ILCE-7RM3 (70mm, f/4, 1/80 sec, ISO250)

 

感想

解像

画質は評判どおり、GMと比較するまでもなく、眠い画です。

ぼやっとしている気がします。

7R3との組み合わせでは明らかに力不足です。

自分にとっては軽量さとコンパクトさをトレードオフで許容できる範囲です。

 

色味

今手元にあるレンズで一番こってりな色味です。

中毒性のあるこってり感だと思います、

 

ボケ

ボケをいかしたとり方はあまりするつもりはありませんが、割と素直できれいなのではないかなと想います。

 

逆光

逆光耐性はかなり高いように思います。

 

AF

さすが純正です。

十分な速さです。

 

 

総評

画質にこだわって使いたい方には間違いなく不満を感じるレンズだと思います。

自分も画質にこだわりたい時には使うことはないと思います。

しかし、この軽さサイズを考えると十分な性能です。

発売当初は10万円超えで高いレンズでしたが、今は安いお店でCBを使えば7万円強で購入できます中古なら5万円代からあります。

自分は中古で購入しました。

値段とサイズからすると十分な画質ではないでしょうか。

このレンズの個性であり、強みは、軽くコンパクトで安価な24-70mmの標準ズーム

 

タムロンが100g軽いとタムロンを買っていたかもしれません、

24mmを使えるのもとても便利です。タムロンが24mm〜のズームならタムロンを買っていたかもしれません。

 

自分にとって最高のちょっとした時用レンズだと思います。

特に旅行なんかの記録写真、記念写真を撮る上では重宝しそうです。

声を大にして言いたいです、買ってよかった!

 

icon

icon

 

 

SEL2470GM 長期使用レビュー (FE 24-70mm F2.8 GM)

旅行用コンパクトレンズ決定戦(SONY FEレンズ)2019.10.05

SONY、Eマウント、標準ズームスペック比較(FE)

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。