フルサイズの将来を背負ったα7RⅣと高画素ライバルカメラ徹底比較

α7Rm4、Z7、S1R、α7R3、GFXスペック比較

 

購入しました

 

α7R4ファーストインプレッション

 

 

注目点

新型61mpセンサー

42mpセンサーから4年ぶりに更新されました。

画素ピッチは中判の1億画素、APSCの26mpセンサーと同等です。

そこから推測するとα7r3からはダイナミックレンジや高感度は、大幅パワーアップでも、パワーダウンでもなく、大体同等程度ではないかなと思います。(公式発表ではR4もR3もダイナミックレンジ15stopです)

6100万画素聞いた瞬間は、ふーんという感じでしたが、中判カメラ並の画素数、今はどんな画像が得られるのか気になります。

RAWデータは1枚130MBくらいのようです。

 

リアルタイムトラッキング瞳AF

α9やα6400のリアルタイムトラッキング瞳AFが搭載されました。

測距点は増えていますが、測距エリアは7RⅢと同等でしょうか。

 

576万ドット

S1Rと同じくより高精細なファインダーになりました。

ファインダーもセンサーもパワーアップしていますが、撮影可能枚数は530枚と同等のようです。

 

 

小さな変更点

icon
icon
1,UHSⅡのWスロット(同時記録のときのストレスが無い)

2,グリップが持ちやすく。グリップが1cm深くなった?

3,AFボタンが大きくなった、露出補正ボタンにロックがついた

4,マルチインターフェースシューがデジタル信号対応になった。

5,WI-FIテザリングできるようになった

6,カメラのボタン設定などをSDカードに記録できるようになった(修理の時に設定をすぐに戻せる)

とりあえず目についたものをあげましたが、小さな変更点は2,30点はあると思います



感想

自分はR3に不満は持っていなかったので、細かい変更点はどうでもよくて、画素数、それだけが気になるポイントです。

高画素厨のつもりはなかったのですが、6000万画素、一世代前の中判センサー(5000万画素)よりも高精細な画質がコンパクトシステムで得られるわけです。

画素数は中判並ですが、センサーサイズが中判より小さいので、階調表現が中判にどこまで迫るものになっているか、楽しみにしています。

階調表現も中判に迫るものなら、圧倒的な機動力をいかし中判を超えるものになるのではないでしょうか。

反対に階調表現で及ばないなら、画素数に関してはフルサイズの限界が見えてしまったということになります。(今後3層センサーなど、大きなブレークスルーが必要です。)

 

これからのフルサイズカメラの将来を占う1台と言ってもいいのではないかと思います。

 

買うか買わないか

R3に不満を持っていない方は、画素数が必要かどうかが購入の決め手になると思います。

 

R3に不満を持っていた方には、細かい点の改善は、使い勝手の上で大きな改善となるのではないでしょうか。操作性に関してはいい意味で別物になった印象があります。なので、実際に触って操作性の改善を確かめる必要があると思います。

α7R3からα7R4買い替えの理由ーーα7R4の購入を全力で背中を押します。


商品ページ

icon
icon

ソニー α(カメラ) 最新お買い得情報(2019年8月29日更新)

 

α7Ⅳを試写した方々の感想(レビュー)まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高画素フルサイズカメラのスペック比較

基本スペック

スマホは横向きで一覧表示できます

α7R4 Z7 S1R α7R3
センサー

エンジン

61mp裏面照射センサー

有効画素約6100万

総画素約6250万

35.7×23.8mm

2017BIONZX

45mp裏面照射センサー

有効4575万

総画素4689万

35.9×23.9mm

2018 EXPEED6

 

有効画素4730万

総画素5044

36.0×24.0mm

ヴィーナスエンジン

42mp裏面照射センサー

有効画素約4240万

総画素約4360万

35.9×24.0mm

2017BIONZX

センサー防塵

X

X スーパーソニックウェーブフィルター X
外形寸法

幅x高x奥行

128.9×96.4×77.5 134×100.5x67mm 148.9x110x96.7 126.9×95.6×62.7
本体のみ重量 578g 585g 約898g 約572g
記録メディアスロット SDスロットx2

(uhsⅡx2)

XQDスロットx1 XQDx1

SDx1

SDスロットx2

片方のみUHS-Ⅱ

ファインダー 576万ドット

倍率0.78倍

 

369万ドット

ファインダー倍率約0.8倍

 

576万ドット

倍率0.78倍

369万ドット

ファインダー倍率0.78倍

液晶モニター 144万ドット

チルト

210万ドット

チルト

210万ドット

三軸チルト

144万ドット

チルト

タッチパネル
マルチセレクター(ジョイスティック)  ○
ダイヤル数

 

前後ダイヤル

露出補正ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

3

前後ダイヤル

モードダイヤル

前後ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

前後ダイヤル

露出補正ダイヤル

背面ダイヤル

モードダイヤル

物理ボタン数 15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

15? 15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

レバー2

15

(11+背面ダイヤルの上下左右)

USB-C

USB 3.2 Gen1

USB充電給電 充電給電○ 充電のみ 充電給電○ 充電給電○
バッテリー NP-FZ100

2200mAh

EN-EL15b

1865mAh

DMW-BLJ31

NP-FZ100

2200mAh

 撮影可能枚数 ファインダー使用時:約530枚 ファインダーのみ使用時:約330コマ ファインダー時約360枚 ファインダー使用時:約530枚
防塵防滴 配慮。完全に防ぐものではありません。R3より改善? 高い防塵・防滴性能を確保 イナス10℃まで耐えうる、防塵・防滴・耐低温 配慮

完全に防ぐものではありません。

シャッター耐久 約50万回 約20万回 約40万回 約40万回

 

 

撮影スペック

スマホは横向きで一覧表示できます

α7RⅣ Z7 S1R α7RIII
ファインダーブラックアウトフリー X X X
電子シャッター(サイレントシャッター)
アンチディストーションシャッター X X X
フリッカーレス撮影  ○ 静止画フリッカー低減撮影  
手ブレ補正 5軸5.5段 5軸5段 6段 5軸5.5段
ピクセルシフトマルチ撮影 240MP
瞳AF
リアルタイム瞳AF X   X
専用レンズ以外での瞳AF
AF測距点合計 493点
AF測距点(位相差) 527点 X 399点
AF測距点(コントラスト) 425点

225点

425点
AF検出輝度範囲

EV-3-20

-1~19 EV EV -6~18 EV-3-20
連写性能 Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

最高9コマ

14bit8コマ

高速約9コマ/秒

 約6コマ/秒(AFC時)

中速約5コマ/秒
低速 約2コマ/秒

Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

連続撮影可能 枚数(圧縮RAW/12ビット記録)

RAW+JPEG 約68枚

20枚程度? RAW+JPEG連写:35枚以上 RAW+JPEG 約 76 枚

 



中判カメラとのざっくりした比較

スマホは横向きで一覧表示できます

α7RⅣ GFX100  GFX50S
センサー

エンジン

61mp裏面照射センサー

有効画素約6100万

総画素約6250万

 

2017BIONZX

約1億200万画素

43.8mm×32.9mm

約5,140万画素

43.8mm×32.9mm

外形寸法 128.9×96.4×77.5 156.2X163.6mm×102.0 147.5×94.2×91.4
本体のみ重量 578g 1,155G 約740g
手ぶれ補正 5軸5.5段 5軸5.5段 ボディ無し
記録メディア SDスロットx2

(uhsⅡx2)

SDスロットx2

(uhsⅡx2)

UHSⅡ

スロット数?

ファインダー 576万ドット

倍率0.78倍

約576万ドット

0.86倍

約369万ドット

0.85倍

液晶モニター 144万ドット

チルト

約236万ドット

3方向チルト

約236万ドット

3方向チルト

 撮影可能枚数 ファインダー使用時:約530枚 約800枚 約400枚
シャッター耐久 約50万回    
連写性能 Hi+時:最高約10コマ / 秒

Hi 時:最高約 8 コマ / 秒

Mid 時:最高約 6 コマ / 秒

Lo 時:最高約 3 コマ / 秒

高速連写 CH 約5.0コマ/秒

低速連写 CL 約2.0コマ/秒

約3.0コマ/秒
連続撮影可能 枚数 RAW+JPEG約30枚 可逆圧縮RAW:20枚 可逆圧縮RAW:13枚

 

商品ページ

icon
icon

 

ソニー α(カメラ) 最新お買い得情報(2019年8月29日更新)

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。