α7R4ファーストインプレッション

α7RⅣ 7Rm4 レビュー

スペック

↓高画素機でスペック比較しています

フルサイズの将来を背負ったα7RⅣと高画素ライバルカメラ徹底比較

 

 

外観

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

α7R3用RRSベースプレート

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/11, 1/125 sec, ISO100)

 

 

操作系の感想

グリップ

グリップがかなり大型化したのがおわかりいただけると思います。

R3用のRRSのベースプレートのサイズが全く合いません。

グリップがかなり深くなったということです。

 

EVF

560万ドットEVFです。素晴らしいです。

EVFはとてもきれいになりました。自然な見え味です。

 

ボタン類

ボタン類は全体的に大型化され、そして柔らかめになっています。

シャッターボタンも柔らかくなりました。

マルチセレクターは硬い方に調整されました。自分は以前のふにゃっとした操作感が好きでした。

露出補正ダイヤルにはロックが付きました。使いにくいです。以前も使いにくいし、もっといい改善策はなかったのですかね。それ以前に必要ですか?

 

 

メニュー関係

>>

前ダイヤルでメニュー画面のタブ移動が可能

メニュー画面でのタブ移動が、前ダイヤルを回すことで可能になりました。α7R IIIでは、前ダイヤルでメニュー内の項目移動のみ可能でしたが、α7R IVでは前ダイヤルで上タブ・後ダイヤルでサブタブ・コントロールホイールで項目移動を行うことにより検索性が向上し、目的の項目にすばやくたどり着けます。また、ファンクション(Fn)ボタンを押すことでもメニューのタブ移動が可能です。

<< ソニー公式より

icon
icon

メニュー関係は大きく刷新されました。

大項目、中項目、項目の移動が独立した3ダイヤルにわりあてられていたり、

カスタム−設定もどのボタンに何を割り当てるか、図面で説明してあります。

 

画質用サンプル画像

条件

lightroom

プロファイル ベータ

ノイズリダクション無し

カメラ露出補正0

 

ISO100 手持ち

9504×6336ピクセルを1000 x 667に圧縮

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

約1000×1000ピクセルに切り出し

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

ISO12800 手持ち

9504×6336ピクセルを1000 x 667に圧縮

SONY ILCE-7RM4 (135mm, f/8, 1/160 sec, ISO12800)

 

約1000×1000ピクセルに切り出し

SONY ILCE-7RM4 (135mm, f/8, 1/160 sec, ISO12800)

 

ISO1600 手持ち

9504×6336ピクセルを1000 x 667に圧縮

SONY ILCE-7RM4 (135mm, f/4, 1/160 sec, ISO1600)

 

約1000×1000ピクセルに切り出し

SONY ILCE-7RM4 (135mm, f/4, 1/160 sec, ISO1600)

 

 

シャドウ耐性 手持ち

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

上を1000×1000ピクセルで切り出し

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

lighrtroomで露出を+1,シャドウを100持ち上げ

SONY ILCE-7RM4 (24mm, f/11, 1/60 sec, ISO100)

 

 

 

作例

SONY ILCE-7RM4 (70mm, f/6.3, 1/80 sec, ISO1000)

 

SONY ILCE-7RM4 (35mm, f/1.8, 1/40 sec, ISO320)

 

SONY ILCE-7RM4 (35mm, f/10, 1/250 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (35mm, f/2.2, 1/200 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM4 (49mm, f/7.1, 1/160 sec, ISO100)

 

 

リアルタイムトラッキングAF

購入するまでAF-Cと何が違うんだろうと思ってしましたが、

撮影スタイルを一変させるようなすごい機能です。

中央一点AFは、その中央一点のAFエリア内でしかAFしませんでしたが、

最初に中央一点内にあった被写体を画面全域で追従します。

瞳を認識すれば瞳を追従します。

静止物主体の方にも、有効性の高い機能だと思います。

特に風にたなびく、花なんかに良いではないでしょうか。

 

↓動画

IMG_52271

 

注意

動物瞳AFはR4でも使えますが、動物瞳トラッキングAFは2019年10月現在α9のみでしかつかえません。

 

設定

設定は簡単でAF-Cとトラッキング:フレキシブルスポットを選ぶだけです。

Apple iPhone 11 Pro (4.25mm, f/1.8, 1/46 sec, ISO250)

 

 

感想

AF

大幅に向上している感じがします。

 

高感度

初期設定がオートISO上限12800になっています。

初期設定になっているだけあって、ISO12800もじゅうぶんつかえるように思います。

どこかでみた海外のテスト結果ではR3に負けているようですが、しっかり比較していませんが、R3と同等なのかなと思います。負けていたとしても誤差ではないでしょうか。

自分はオートの上限をISO6400に変更して使うつもりです。

人肌を撮るなら、ISO3200まで。

6400も使えるかなというイメージです。

 

グリップ

グリップは個人差が大きくあると思いますが、自分は不満があります。自分の場合は小指がおさまりません。きっとZ7やEOSRを使っても同じく不満を持つと思います。

 

とりあえずこれを使用しています。

α7R4グリップエクステンション(小指問題) CG-A74

 

ダイナミックレンジ

かなり広いように思います。

ソニー公式通りR3同等ではないでしょうか。

 

大きく色が変わりました。

ソニーの問題なのか、adobeの問題なのかわかりませんが、

自分の場合はlightroom内臓のカメラカラープリセットは色がくどくなりすぎて、どれも使えない状態です。

黄色と緑が特にくどく思います。

adobeプリセットから現像していくことが多くなりました。

けっと現像のルーティンというか、方法がみなさん変わるのではないかと思います。

センサー変わって画作りが大きく変わったのでしょうか。

 

 

総評

画質は1段上な気がします。

画素数が上がって、ピクセルがより細かいので、階調が滑らかになっているのではないでしょうか。

 

まとめ

ジョイスティックが固くなったり、R3の縦ぐりや、グリップエクステンションが使えなくなったり、細かい不満はありますが

買って失敗があるとは思えません

現時点ではフルサイズミラーレスの王様というべきではないかなと思います。

少しずつ追記していきたいと思います。

α7RⅣおすすめアクセサリー

公式ページ

icon
ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM4 ボディ ILCE-7RM4

387,580円(10/15 00:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。