f-stop AJNA 40L レビュー

購入した理由

現在使用している最大容量のバッグはPeakDesignEverydayBackpack30Lでした。

かなり気にいってつかっていて、不満はなかったのですが、

・SEL70200GM+1.4テレコンとボディをくっつけたままの収納で少し困る場面がでてきました。

・さらに移動時に雲台を三脚から取り外して、バッグの中に収納して持ち運ぼうと思っているので、

2つの理由で大容量バッグが必要になりました。

 

候補

以前HAKUBAのアウトドア系のカメラバッグを持っていたことがあり(このバッグはカメラ1レンズ2の収納力しかありません)軽量で担ぎやすかったので、

アウトドア系バッグに絞って探しました。

その候補になったものは別記事でまとめました。

https://gophoto.work/outdoor

 

F-stopとは

数種類のバッグと数種類のインナーボックスを好みで組み合わせるシステムを採用したバッグが主力製品です。

その日の荷物によって、インナーボックスを変えたり、逆に本体を変えたりできることが売りのようです。

自分は変えるつもりはありません。

 

購入の決め手

購入の決め手は三脚ケースでした。

ケースにベルト通しの穴がたくさんついているため、好きな高さでケースを固定することができます。

取り付け位置が三脚とベルトの兼ね合いでなく、ケース側で調整できるので、重心のバランス調整をしやすいのではと思いました。

三脚の重心位置で歩きやすさがかなり変わると思っています。

 

購入したもの

AJNA(40Lバックパック)

ICU L

TRIPOD BAG MIDIUM

MANO(ペットボトルケース)

今回はTRIPOD BAGの取扱いが日本では無いようなので、公式サイトから個人輸入することにしました。

個人輸入の方法は簡単です。

カートに入れた段階では

製品が約500ドル

送料が170ドル。

 

送料を交渉しました。

送料があまりにも高すぎるので、交渉をしてみることにしました。

「バッグが欲しいのですが、送料が高すぎます。

本体バッグの中に全てのオプション品をいれることはできませんか?」

google翻訳を使いました。

I want a bag.
But the shipping cost is too high.
That is the proposal.
Can’t I put accessories in my bag?

翌日すぐに返信がありました。

「その方法は可能だが、重さが同じだから、送料は安くならないと思う。一応計算してみるから欲しいものと住所を言ってくれ」

上記の物と住所を言うと送料99.9ドルにするということになりました。

UPSは重量で価格が決まるようなので、梱包サイズが小さくなったから安くなったのではなく、値引きなのかなと思いますが、わかりません。

 

 

仕様

本体重さ 1.7kg
ICU L重さ 760g
高さ 59.7cm
33cm
奥行 26.7cm

ICU入りでディバイダーを必要な分だけいれると実測で約2200gでした。

 

製品写真

 

背面

SONY ILCE-6000 (24mm, f/8, 1/160 sec, ISO100)

 

ICU L

SONY ILCE-6000 (24mm, f/8, 1/160 sec, ISO100)

 

上面収納

ICUの上、かなりスペースがあります。試していませんが、ICU MのSLOPEも入りそうな気がします。

SONY ILCE-6000 (24mm, f/4.5, 1/1000 sec, ISO100)

 

上面は二段式で、最上面も結構なスペースがあります。小物がたくさんはいります。

SONY ILCE-6000 (24mm, f/8, 1/320 sec, ISO100)

 

サイド収納

両サイドにポケットがあります。公式の画像ではここに水筒が入っていました。

SONY ILCE-6000 (24mm, f/8, 1/200 sec, ISO100)

 

正面収納

SONY ILCE-6000 (24mm, f/7.1, 1/250 sec, ISO100)

ジャケットなどをいれるのに良さそうです。

 

三脚ケース

SONY ILCE-6000 (24mm, f/7.1, 1/500 sec, ISO100)

三脚はサイドも正面も取り付けられます。別売りのベルトで上部や下部にも荷物をくくりつけることが可能です。

 

SONY ILCE-6000 (24mm, f/2.2, 1/4000 sec, ISO100)

 

SONY ILCE-7RM3 (90mm, f/16, 30 sec, ISO400)

 

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/5 sec, ISO100)

 

Apple iPhone X (4mm, f/1.8, 1/5 sec, ISO80)

 

Mサイズですが、間口がとてもひろく、長さもかなり長いため、ほとんどの三脚はMで十分だと思います。

バッグのベルトは一度固定すれば、三脚出し入れを何度しても、ケースにいれるだけで、すぐに担げるので、手間が省かれます。

 

 

感想

送料税込65000円もしたので、辛口です。

よかったところ

かなり背負いやすいバッグだと思います。その点は満足しています。

 

よくないところ

ICU

SONY ILCE-6000 (24mm, f/8, 1/160 sec, ISO100)

いつごろの設計かわかりませんが、2012年ごろの設計なのでしょうか。

その頃の主力レンズはフィルター径72mm〜77mmだったと思います。ソニーの大三元は72mm。

現在は82mm〜77mmが主流になってきています。フィルター径が太くなったということは、鏡筒もレンズフードも太く大きくなっています。

なので、公式が想定する、使い方ではレンズがおさまりません。

なので、無理やり仕切りの配置をかえています。

自分の使いたい機材はなんとか収まりそうですが、想像以上に収納力がなく、自由度も低いものでした。

 

ICUの固定ベルトのつけ外しがかなり困難なので、気軽にICUを変えようという気にはなれません。

固定ベルト必要無い気もしています。

 

背面ジッパー

ショルダーベルトと干渉してスムーズに開け締めできません。

 

フレーム

しっかしとしたフレームがいいところだと思いますが、

むき出し部分があり、中の機材とガンガンぶつからないか心配です。

 

総評

高額なバッグなので辛口に書きましたが、

背負いやすいので、概ね満足しています。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。